倒産寸前の歯科医が
半年で売上6倍になった秘訣

☑患者さんに感謝されつつ自費率を大幅アップ

☑一切の金銭的リスクなく売上を上げるには?

先生が現在悩んでいる原因

今、先生は売上低迷や患者の減少でお悩みでしょう。

それはなぜでしょうか?

もちろん、外部的な要因としてはライバル院の増加や人口減少、診療報酬の引き下げなどがあります。

これらは、先生にはどうしようもないことです。

しかし、そんな中でも患者数を増やし、売上を上げている院も沢山あります。

このような院と先生の院との違いは何でしょうか?

それは、

「売上を上げる仕組み、集患のための仕組みがあるか無いか」

です。

そのような仕組みがある院は、たとえばライバルが増えても、人口が減っても、ちゃんと売上を伸ばすことができるのです。

 

仕組みを知ってさえいれば、売上が上がるのか?

では、売上アップの仕組みさえ知っていれば、誰でも売上アップできるのでしょうか?

実はそうではありません。
仕組みを知っているだけでは駄目です。

そう、知っているだけではなく、「実行」が必要です。

正しい方法を知っていて、かつそれを実行することで、結果が出るのです。

そして、この「実行」がまた難しいのです。

先生の立場にしてみれば、本業をこなしつつ、今までやったことのない売上アップの施策を勉強し、考え、実行しなければなりません。

それは、とても大変なのです。

毎日の仕事を終え、くたくたになってからまた勉強する。
ホームページを作る。
チラシやツールの内容を考える。

休みの日も、当然そういった行動が必要です。

家族の相手もしなければなりません。

これは、現実問題厳しいのではないでしょうか。

 

よくビジネスの世界で言われてるいることがあります。

それは、

「日々勉強しているのは、ビジネスマンの10%。

学んだことを実行しているのは、さらにそのうちの10%」

それくらい、仕事をしながら勉強し実行するのは大変なのです。

 

先生が売上アップをするためには

では、どうすれば良いか?

それは、

「任せられるプロに頼む」

ということです。

先生は治療のプロですが、私達は売上アップのプロです。
結局のところ、コンサル料を払ってでもプロに任せたほうが、結果的には早く確実に成果が出ます。

先生も、自分の患者さんが

「お金を払いたくないから、自力で治します」

と言っていたら、それは違うと思いますよね。

間違った治療により治らなかったり、悪化したり。
仮に治っても、そこに至るまでの道のりは明らかに非効率的なはずです。

同じことです。

先生は、本業にしっかり力を入れる。

売上アップや集患は、プロに任せる。

分業することこそが、最も効率的に成果を出す方法です。

もしこの話をご理解いただけるのでしたら、この先、私達のサービスについてお伝えしていますので、お読みください。

 

私達のコンサルティングサービス

月に1~2回程度ご訪問し、売上アップのためのお手伝いをします。

どんなことを行い、どのような結果になるかはこれまでのメルマガでお伝えしてきたとおりです。

・キャンセル患者を減らす
・自費を獲得する
・リピーターを増やす
・新規で集患する

これらの施策がメインになります、実行するための調査、分析等も私達が代行します。

キャンセル患者を減らす施策を取るだけで5~10%売上が上がるケースもありますし、自費を増やせばそれだけで100万円程度簡単に売上アップすることもざらです。

これらの施策を行い、資金に余裕ができたら、次は新規集患などの施策に移ります。

新規で集めるのはどうしてもコストがかかるため、その前にそのための費用を賄うようにします。

なお、自費を患者さんに勧めるにあたり、最も気になるのが

「患者さんに自費を勧めたら、嫌がられるのでは?」

という点だと思います。

この心配については、私達は解決策を持っています。

嫌がられることなく、むしろ感謝されながら自費を高確率で獲得できる方法ですので、心配しないでください。

これらの施策により、どれくらい売上が上がるかは、院の現状や先生のやる気にもよります。

ガンガン自費を獲得するぞ!という意気込みがあれば、それこそ数百万円単位で売上アップする可能性も充分あるのです。

なお、今現在既に自費獲得に相当力を入れている院に関しては、私達のコンサルが入っても短期間・劇的には売上アップは期待しないほうが良いでしょう。

※もちろん自費以外の施策も行いますが、売上アップの効果が出るまでにはある程度時間がかかるとお考えください。

 

売上が上がったらどうなるか想像してください。

今、先生は売上が少ない、患者さんが減っていることに危機感や悩みを持っているかもしれません。

毎日不安の中で院を経営しているかもしれません。
月末になると給与や支払で胃が痛くなっているかもしれません。

それが、数か月以内に100万円程度売上が上がったらどうでしょうか?

月商40万円から半年で250万円になった先生は、今は毎週大好きなゴルフに行っています。

お金だけが幸せの基準ではありませんが、売上を上げれば、不安を解消し、豊かな生活が送れることは間違いありません。

 

成果は保証します。

とはいえ、成果が出るか出ないか分からないものにお金を払うのは抵抗があるでしょう。

これまでも、高額のホームページを購入し、結局ほとんど成果が出なかった、という苦い経験をした先生もいらっしゃるかもしれません。

そこで、2つのお約束をします。

・1つめのお約束

まず一か月目のコンサルを受けていただき、そこで「自分には合わない」と思ったら報酬はいただきません。

契約したものの、いざコンサルを受けたらどうも違う・・と思ったら、返金します。

納得いかないのに報酬を払う必要はありません。

・2つめのお約束

いただく報酬以上の売上が立たない場合、その売上になるまで無報酬でサポートします。

例えば、一年で100万円の報酬をいただくとしましょう(これは例です)。

しかし、コンサルを受けても100万円以上の売上アップにならなかった。
この場合、100万円以上稼いでいただくまでは、無報酬でサポートを継続します。

コンサルを受けてもらい、損をすることが絶対無いようにする、ということです。

※ただし、やるべきことをやっていただけない場合はこの限りではありません。

これで、先生が損をすることはありません。

・スタートの時点で合わなければ一切報酬はかからずに解約できます。

・コンサルが始まれば、報酬以上の売上は必ず得ていただきます。

先生に金銭的なリスクは無い、ということです。

 

コンサルティングのスケジュール

どのようなスケジュールで何を行うかは、以下のとおりです。

<1ヶ月目>

・分析→自社、競合、お客様の分析を行い、
自社を選んでもらうためにはどうしたら良いかを決めるための材料とします。

患者さんへのアンケート、競合の調査等を行います。

<2ヶ月目>

・患者さんに選んで頂くための理由を策定→
分析をもとに、どのような戦略を取るかを決定します。

・以前のメールでお伝えした、無断キャンセル患者へのフォローをスタートします。
これだけで売上が5~10%程度上がります。

<3ヶ月目>

・単価アップの施策→自費を獲得し、一気に売上アップします。

早い先生なら、この時点で100万円売上アップも達成できるでしょう。

<4~5ヶ月目>

・リピートの施策→一度きりではなく、また来院してもらうための施策をとります。

これにより、新規集患にやっきにならなくても、安定して集患ができるようになります。

<6ヶ月目以降>

・新規患者集客の施策→HP集客、チラシ、ポスティングなどに着手します。

新規を増やすことにより、今後継続しての売上アップが見込めるようになります。

新規集患は、どうしてもコストがかかります。
まずは単価アップやリピートアップにより新規集めのための体制を整えます。

その後、コストをかけて新規集めを行うのが最も効率が良く、負担が少ないです。

 

コンサルティング報酬

私達のコンサル報酬についてご説明する前に、少し考えてみてください。

コンサルティングにより、先生の院では

・無断キャンセルからの失客が50%以上は減るでしょう。
・自費診療が大幅に増えるでしょう。

無断キャンセルから来なくなってしまうお客が半分になれば、
売上はいくら増えるでしょうか。

1人あたり売上は1.5万円と考えましょう。

5,6人減れば、それだけで7~10万程度ですね。

自費診療は一人いくらの売上になるでしょうか。

どんなに安売りしても3万円~、通常であれば5~10万円は珍しくないでしょう。

毎月2件もとれれば、あっという間に10万円以上は売上アップです。

さらに、このコンサルにより売上の伸ばし方を知れば、
その効果は今後経営していく上でずっと続きます。

今後得られる利益はいくらになるでしょうか?
おそらく、数千万円は下らないでしょう。

 

さて、私達のコンサル報酬は、月額12.5万円です。
基本、一年間の契約です。

パートさん一人の給与と同じくらいと考えてください。

パートさん一人の給与で、今後数千万円の利益を得られると考えてください。

しかも、先にお伝えしたとおり

・一回目のコンサルで合わないと思えば料金はいただきません。
・コンサル期間の報酬に見合う売上を得るまで、無償でサポートを継続します。

このように、このコンサルを受けることにより金銭的なリスクを負うことが無いように
なっています。

 

このコンサルを受けるべきでは無い方

ただし、次のような方はコンサルを受けないでください。

・自分で院を変えようという意識がない。

院の売上アップは経営者である先生の問題なので、あくまで自分の仕事と認識できない方は
コンサルを受けても無駄です。

・お金さえ払えばあとは全部任せられると思っている。

こちらで行う調査分析等もありますが、貴院にやっていただく仕事もあります。
例えば患者さんへのアンケートや、自費のお勧めなどです。

これらは貴院でやっていただきますので、丸投げできるとお考えの方にはお勧めできません。

・お金を払うほうが偉いと思っている。

私達はコンサルサービスを提供しますし、対価として正当な報酬をいただきます。
上下関係はありません。もちろん、私達コンサルタントが尊大にふるまうこともありません。

お互いを尊重しあえる方としかお付き合いできませんので、ご了承ください。

 

お申込みの方法

以下のフォームから、コンサルティングの相談申込みをしてください。

 

お申込みいただきましたら、こちらからご連絡をします。

その後、一度お会いするか、遠方の場合は電話等で打ち合わせをします。

よろしければ正式にご契約、となります。

ご相談のみでは契約にはなりませんし報酬も発生しませんので、お気軽にご連絡ください。

は必須項目

◆お名前
◆フリガナ
◆住所
◆電話番号
◆メールアドレス
◆ご相談内容
(できるだけ具体的にご記入ください)

 

よくあるご質問と回答

Q.コンサルを頼んで、必ず売上は上がるの?

A.必ず、ではありません。

「提案したことをしっかり実行していただけない場合」

は無理です。

しっかり実行していただければ、これまでのところ100%売上アップしています。

 

Q.コンサル報酬の他に、費用はかかるの?

A.さまざまな施策を実行していただく上で必要な費用はご負担いただきます。

例えば、患者さんへDMを送る場合のコストや、ホームページを新たに作成する場合などです。

もちろん事前に費用等は相談の上決めますので、一方的に請求することはありません。

 

Q.遠方でもコンサル依頼はできるの?

A.可能です。ただし、その際の旅費や交通費を別途ご請求する場合があります。
事前にお伝えします。

 

Q.実際のコンサルはどうやって進んでいくの?

A.毎月一回、日程を決めてご訪問します。
その際に前回までの進捗・結果の確認と、次回までにやっていただくことを打ち合わせします。

当方で作業を請け負うこともありますので、それはこちらで進捗させ、ご報告します。

時間は通常2時間程度ですが、柔軟に対応します。
3時間を超えることも珍しくはありません。

ご訪問日以外でも、メールや電話により随時ご相談可能です。

 

Q.そちらでは、何をやってくれるの?

A.基本的にはコンサルティングなのでご提案がメインですが、請け負う作業もあります。

・患者さんへのアンケート内容作成
・競合の調査
・DM等の文案作成代行、コピーライティング
・自費診療を勧めるための資料提供
・ホームページ制作時のライティングサポート

などです。

 

Q.成果が出ないのにお金を払いたくないんだけど・・

A.当然です。ですので、

・初回コンサル後、無条件返金
・コンサル料金以上の売上保証

このような制度があります。
金銭的に損する、ということはありません。

これでもまだ躊躇する、という方にはコンサルはお勧めできません。
最低限のリスクを取れない以上、リターンが望めないのも仕方ありません。

 

今が、一つの分岐点です

これまで売上不振、患者さん減少でお悩みの先生へ。

何もせずに待っているだけでは、良い結果はやってきません。

行動を変えない限り、結果は変わりません。

売上を上げる行動をしない限り、売上は上がりません。

 

先生は、今日までにレポートを請求していただき、メールでの勉強もしていただきました。

これは、今までとは違う行動だったかもしれません。

違う行動をしたことにより、売上アップへの道が開くという違う結果が訪れたはずです。

もう一歩、行動してみましょう。

 

「相談してみる」という行動は、もしかしたら面倒くさい、あるいは勇気がいるかもしれません。

しかし、その行動によりまたさらに違う結果が訪れるはずです。

ご説明したとおり、金銭的なリスクはありません。

 

このレターが、先生の今後の人生の分岐点になっているかもしれません。

は必須項目

◆お名前
◆フリガナ
◆住所
◆電話番号
◆メールアドレス
◆ご相談内容
(できるだけ具体的にご記入ください)

ページ上部へ