営業が辛い・・成績を上げたいというあなたへ

ストレスなく、お客さんに嫌われない営業の方法とは・・?

一日たったの27円でそのためのツールを提供します

営業マンはとても大変な仕事です。

飛び込みやテレアポすれば邪険にされ、面談に持ち込んでも

「検討します」

と言われてそれっきり・・

 

私も過去に飛び込み営業をやったことがありますが・・

お客さんの、口には出さないものの

「早く帰ってくれ」

という態度はよく伝わってきました。

 

恫喝されたこともあります。

 

寒い中、お客さんからは迷惑がられ、契約は取れず・・

そして、会社に報告する憂鬱な時間。

精神的にかなりつらいものがありました。

 

そんな中で

「分かった、買うよ」

と言ってくれる人のありがたさときたら・・

 

だから、あなたの苦労は良くわかるつもりです。

 

さて、では営業マンが、お客さんから喜ばれ、歓迎され、

「あなたから買いたい」

と言われる・・そんなことがあるのでしょうか?

 

今回お伝えするのは、それを実現することをお手伝いするツールです。

 

ただし、このツールを使っても、

・その日からジャンジャン契約が取れるようになった!

とか、

・何の苦労もしなくてもトップ営業マンになれた!

とか、

そんな夢のようなことは起こりません。

あくまで、「お手伝いするためのツール」です。

 

もしあなたが、夢のような、手に入れるだけでガンガン売れる、
そんな魔法の方法を希望しているのであれば、このサイトには載っていません。

ページを閉じましょう。

 

もし、

「いや、そんな夢のような方法は望まない。
少しでも、お客さんに喜ばれて売れるようになりたい」

そう考えているのであれば、このまま読んでください。

あなたのお手伝いができるかもしれません。

 

さて、なぜそもそもお客さんは営業マンを嫌がるのでしょうか?

それは単純で、

①あなたの商品など欲しくないから

そして、

②あなたのことなど知らないし、まして好きでもないから

です。

 

もし、この①と②のどちらか一方でもあなたが備えていれば、
お客さんはそれほどあなたを嫌がらないはずです。

 

つまり、

①あなたのことをそれほど好きでなくても、欲しい商品を営業してもらえば、
話を聞こうと思う

②商品を別に欲しくないけど、あなたのことを好きであれば、話を聞こうと思う

ということです。

 

では、どうすればお客さんはこのような心境になってくれるでしょうか?

 

1.あなたの商品を欲しいと思ってもらうには

結論から言いますと、欲しくない商品を欲しいと思ってもらうのは、非常に大変です。

まして、たった一度の営業の場で欲しいという欲求を起こさせるのは
並のことではありません。

 

あるいは、超一流のスキルをもった営業マンなら可能なのかもしれません。

が、そんなスキルを一朝一夕に身に付けることなどできないでしょう。

 

さらにご注意いただきたいのは、

「営業トーク、応酬話法などというものを学び、仮にその場で買ってもらっても、
後日お客さんが我に返った時に後悔される」

ということです。

 

営業の場でお客を言いくるめて買ってもらったとしても、
それは本心から欲しかったわけでは無いですから、絶対に後日後悔されます。

そして、あなたに対して悪印象を持ちます。

 

もちろん、あなたが

「その場で売れてしまえばあとはどうなっても構わない」

と考えているのであれば、それで良いでしょう。

 

ただ、そのような考えの方は私が紹介するツールとは合わないので、
ページを閉じてください。

「お客さんから感謝され、嫌われずに売りたい」

と考えているのであれば、そんな営業トークを磨いてはいけません。

 

では、どうすれば良いかというと・・

①あなたの商品を欲しい、または興味がある人にだけ営業する

②興味が無ければ、興味を持ってもらい、その後に営業する

ということです。

 

興味が無い人に無理やりあの手この手で売ろうとするのではなく、
興味を持っている人にのみ売る。

興味を持っていない人は、興味を持つまで待つ。

 

このように、長期的なスパンで営業を考えるべきです。

 

具体的には・・

最初の接触の時に売ろうとは思わないことです。

もちろん、その人がもうあなたの商品を欲しい状態、興味津々であるならば、
ガンガン営業してください。

 

そうではなく、

「とりあえず話は聞くけど・・」

というお客さんの場合。

 

ここで最初にすることは、

「今後、継続して接触をすることの許可」

をもらうこと。

つまり、

「今後お客さんのためになる情報をお送りしたいので、許可をください」

と言うだけです。

 

これならば、その場で売るのに比べて何十倍も楽でしょう。

お客さんもそこまで嫌がりません。

当然ストレスはありません。

 

そして、その後継続して連絡を取り、その間にあなたの商品やあなたのことを伝え、
お客さんに興味を持ってもらう。

 

興味を持ってもらったら、再度セールス。

買ってもらえなかったら、再度継続して接触・・という流れです。

 

なぜ、こんな面倒なことをする必要があるのか?

それは、

「お客さんがいつ商品、サービスを欲しいと思うようになるか分からない」

からです。

 

お客さんが「商品を欲しい」と思うようにならない理由も様々です。

 

・興味が無い。

・興味はあるが、まだ絶対欲しい!とまでは思えない。

・自分は欲しいが、上司は不要と考えている。

・欲しいが、今はお金が無い。

・買ったところで、ちゃんと使えるのか?不安

 

このように、「欲しくない」という多くの理由があるでしょうけれど、
いつその理由が解消されるか?は、お客さん本人さえ分からないのです。

 

では、その「欲しくない理由」が解消されたときに、
お客さんはあなたに必ず連絡してくるでしょうか?

そんなことは無いでしょうね。

 

あなたと同じような商品を扱っている業者はいくらでもいます。

そうすると、あなたを選ぶとは限りません。

たまたまネットで検索した業者から買ってしまうかもしれません。

 

あなたは、いつも自分のことや自分の商品のことを考えているでしょうけれど、
お客さんというのは別にあなたのことには興味がありません。

 

ですから、自然とお客さんがあなたに連絡してくれる、と思っていてはいけないのです。

 

ではどうするか?

それは、頻繁に連絡をし、あなたを忘れないでいてもらう。

 

そして、ちょうど「欲しい」というタイミングになった時に、
あなたから買ってもらう。

 

そのためには継続して接触をし、その時を待つ、ということなのです。

 

これをせず、初めて会った時から売ろう、売ろうとし、
売れなければはいサヨナラ、では、
いつまでもお客さんを探し求めなければなりません。

それでは、ずっと安定しないですよね。

毎月毎月次の売上を求めてお客さん探しです。

 

ですから、まずはいきなり売ろうと考えない。

興味が無い相手には、時間をかけて情報を伝え、関係を築く。

そしてお客が欲しいと思った時に、あなたを選んでもらう。

 

このように考えるべきです。

 

そしてもちろん、その時に伝えるべきことは、

「あなたの商品やサービスを欲しいと思ってもらえる情報」

であるべきですね。

 

一度のセールスでは欲しいと思ってもらえなくても、
何度も時間をかけて接触するうちに、
欲しいと思ってもらえる可能性は高まります。

 

2.あなたのことを知ってもらう、好きになってもらうには

当たり前のことですが、人は知らない人を好きになることはありません。

逆に、知っている人であれば、
知らない人よりも好意的に対応してくれます
(もちろん嫌われていないことが前提ですが)。

 

そして、好きな人であれば・・それだけで、
お客さんから選ばれる理由になります。

 

例えば、あなたの友人が飲食店をやっているとしましょう。

他にもっと美味しくて、もっと安い店があったとしても・・
あなたは、その友人の店に行くことでしょう。

なぜなら、好きな人・友人がやっている店だから。

 

人間との関係性は、それだけで選ばれる理由になります。

 

だから、あなたも営業の場において、
お客さんから好かれるような関係を築くべきである、ということです。

 

こう言うと、

「好かれるには相性とかキャラとかがあるし・・
自分はそんなに社交的でもないし、好かれる自信が無い」

という方もいらっしゃるでしょう。

 

もちろん、実際に対面して、お客さんと話が弾んで可愛がられて・・
それができれば、好かれるかもしれません。

しかし、それは誰もができることではありませんね。

 

では、どうすれば良いのか?

 

まず、好かれるために重要なのが

①自己開示

②接触回数

です。

 

①自己開示とは、あなた自身の、プライベートなことを伝えること。

人は、知らない人のことを好きになるのは難しいです。

しかし、相手のことを知れば知るほど、
さらには、共感できたり、自分と共通する部分があればあるほど、
好意を持ちやすくなります。

なので、あなたはまず自分自身の情報を開示するべきです。

 

②接触回数とは、あなたがある人と会う回数が多いほど、
相手に対し好意を持ちやすくなる、ということです。

心理学的にザイオンス効果と呼ばれています。

 

丸一日一緒にいるよりも、
一日数分でも、毎日会う方が好意を持ちやすいという
実験結果があります。

 

したがって、あなたがすべきことは、

①自分のパーソナルな情報をまずは開示する

②そして何回も繰り返して接触する

ということです。

 

もちろん、実際対面して話をする機会では、人間性やトークなども重要になります。

 

しかし、対面していない時でも、このような情報を伝えることで
あなたに好意をもってもらうことは可能なのです。

 

嫌われずに営業するためのツール

以上、

①あなたの商品に興味がない、欲しくない

②あなたのことを知らない、好きでもない

この二点を解消すれば、
お客さんから欲しいと思ってもらえる、
少なくても嫌われることは無いということをお伝えしました。

 

ではそのためには具体的にどう行動すれば良いか?

全てのお客さんに、頻繁に会いに行って
自分の商品のことを伝え、
自己開示をして・・
そんなことは無理ですよね。

 

そんな時間をかけるわけにはいかないし、お客さんも迷惑でしょう。

 

電話をかける・・のも、
ちょっとハードルが高いですね。
まあ、お客さんの中でも重要度が高い方にはそれで良いかもしれません。

 

では、そこまで時間をかけず、お客さんの負担にもならずに接触する・・

どうすれば良いでしょうか?

 

それは、「ニュースレター」です。

 

ニュースレターを作成し、定期的にお客さんに届ければ良いのです。

 

ニュースレターとは?

ニュースレターとは、あなたが個人的に発行する、いわば瓦版です。

 

例えば毎月一回、あなた自身の日常のことや、お客さんの役に立つことなどを
新聞のようにして発行するのです。

 

お客さんがそれを読むことで、
あなたのことを思い出し、
あなたの個人的な情報を知り、
あなたから役に立つ情報を受け取る・・

というわけです。

 

会いにいくことができなくても、ニュースレターを届けることで、接触することができます。

 

一通作成さえすれば、あとは同じものを印刷すれば良いわけですから、
何人にでも届けることができます。

 

しかも、そのような事務的な作業は
あなたがやる必要はありません。

 

ニュースレターさえ作成し、
送るリストを確定させれば、あとは事務のスタッフにお任せすれば良いのです。

 

非常に効率よく接触することができるというわけです。

 

ニュースレターのデメリット

しかし、このように非常に強力なツールであるニュースレターも、
欠点はあります。

それは、

①作成するのが大変

②継続するのが大変

ということです。

①作成するのが大変

そもそも、ニュースレターを作成するためには、まずニュースレターのデザインをしなければなりません。

ある程度デザインができ、パソコンソフトも使えないとなかなか難しいでしょう。

デザインができたら、記事を書かなければなりません。

どんなネタにすれば良いか?記事の内容は?

 

記事は、注意が必要です。

ニュースレターは、発行さえすれば良いというわけではありません。

 

例えば自分の商品の売り込みばかりの記事を書いてしまっては、逆効果です。

距離を縮めるための記事にする必要があります。

②継続するのが大変

なんとか第1号は発行したとしましょう。

しかし、ニュースレターは継続する必要があります。

基本的に毎月発行が望ましいです。

毎月発行するとすれば、忙しい業務の間を縫って毎月記事を書く必要があります。

 

これに費やす時間はどれくらいでしょうか?

毎月ネタを確保できるでしょうか?

 

第1号は頑張って作れても、2~3か月で挫折しては・・逆効果ですよね。

 

 

では、やっぱりニュースレターを出すなんて無理なのか?

そんなことはありません。

諦めるのは早いです。解決法があります。

それは

「ニュースレターのテンプレート」を利用する

という方法です。

 

ニュースレターのテンプレートとは?

テンプレートとは、ニュースレターのひな形のこと。

弊社で、記事のほとんどを作成したひな形をご提供します。

そして一部をあなたが埋めることですぐにオリジナルのニュースレターとして利用できる、というものです。

 

これにより、あなたは毎月ほんの30分程度作業することで、自分のニュースレターを発行することができます。

 

簡単に制作できるので、毎日忙しく営業で飛び回っているあなたでも、
もちろん事務スタッフの方でも、定期発行を続けることが可能です。

 

あおい総研の「営業マン用ニュースレター」

さて、弊社が提供する

「営業マン用ニュースレター」

とは、どのようなサービスかをご説明します。

 

このニュースレターテンプレートの内容は、以下のとおりです。

①あなたからのパーソナルメッセージ欄

⇒自己開示してください。個人的な情報を伝え、親近感をもってもらいましょう。

②あなたの写真

⇒顔写真を載せることで、心理的な距離が縮まります。

③メイン記事「売上アップの方法」

⇒あらゆる経営者が興味をもつこと、それが「売上アップの方法」です。
これを伝えることで、毎号、興味を持って読んでもらえます。

④サブ記事「読んで面白いビジネス雑学」

⇒気楽に読める、ビジネス雑学です。単純に読んで面白い内容です。

⑤個人の情報、会社概要等

⇒あなた個人の経歴や思い、または会社の概要等を記載します。

 

このうち、あなたはメイン、サブ記事以外を差し替えるだけです。

②顔写真と、⑤個人情報、会社概要は毎回同じもので良いはずなので、
実質①のパーソナル情報のみを毎月更新する、ということになります。

慣れれば、毎月30分もかからずに完成するでしょう。

 

このようなニュースレターのテンプレートを、1号分ずつご提供しています。

テンプレートは随時増えていきますので、
永続的に、簡単にニュースレターを作成することができます。

 

このニュースレターの対象

このニュースレターは、
誰でもご利用いただけるわけではありません。

「中小零細企業の経営者に対して接する営業マン」
を対象にしています。

例えば、次のような方です。

・法人への生保・損保営業
・小さな会社向けのオフィス用品の営業マン
・コピー用品等の営業マン
・SEO、ホームページ制作会社
・税理士事務所の先生、スタッフ
・小さな会社相手のコンサルタント

残念ながら、大企業向けの営業には、あまり効果が無いでしょう。

 

そのような大企業の方は、

「売上アップの方法」

という記事にそれほど興味をもたれないでしょうから。

あくまで、中小零細の経営者にじかに接する機会のある方が対象です。

 

また、BtoCの営業をしている方にも向いていません。

テンプレートの記事が、

「中小零細の経営者」

に向けたものだからです。

 

ニュースレター自体はBtoC営業でも使えるのですが、
このテンプレートは向いていません。

 

このニュースレターの活用方法

このニュースレターは、

「売上アップ」+「ビジネス雑学」

という構成になっています。

 

中小零細企業の経営者にとっては役に立つ、読んで面白い内容です。

 

ただ、あなたの固有の商品について触れていません。

 

なので、このニュースレターにプラスして、
あなたの商品・サービスについてお伝えすると良いでしょう。

方法としては、このニュースレターの裏面にあなたの商品の情報を載せる、
別の用紙でチラシなどを作り、ニュースレターに同封して送付する、といった形です。

 

ただ、もし

「自分の商品の記事を書く余力が無い」

という場合は、このニュースレターのみでもOKです。

 

「読んで思い出す、役に立つと思ってもらう」

という役目は充分に果たすことができます。

 

まずは接触することが重要、ということをご理解ください。

 

お申込みの流れ

まずはサンプルをダウンロードしてください。

営業ニュースレターサンプル

このようなワードファイルのテンプレートをお届けしますので、
適宜修正していただき、ご自身のニュースレターとしてご利用ください。

 

【ご購入の流れ】

1.ご購入は、下記「購入ページ」よりお申込みいただきます。

お申込み後、弊社よりメールが届きますので、そのメールに沿ってお振込み手続きをしていただきます。

※決済は現在銀行振込のみとさせていただいております

 

2.決済していただきましたら、テンプレートをダウンロードすることが可能です。

 

3.URLからテンプレート(ワードファイル)をダウンロードしていただき、
ご自由にご利用いただきます。

価格

価格は、12号分セットで10,000円(税別)でのご提供です。

さて、この価格は高いでしょうか?

 

通常、1か月で1号ですから、1月あたりに換算すると、833円。

一日に換算すると、27円です。

 

つまり、一日にジュースを買う分にも満たない程度のコストで、

「お客さんに嫌われず、欲しいと思った時に買ってもらえる」

ために最適な販促ツールを手に入れることができます。

 

もちろん、ご購入いただかずにあなたがご自身で作成していただいても結構です。

本来、それがベストなのです。

あなた自身の個性を出すことができますから。

 

ただ、そのために毎月一体何時間の労力が必要でしょうか?

5時間でしょうか?

10時間でしょうか?

 

仮に5時間だとして、833円を惜しんで5時間、あなたの貴重な時間を使いますか?

 

ニュースレターの作成に、あなたの大事な時間を使うべきではありません。

あなたは、もっと重要な、あなたしかできない仕事をしてください。

それがもっとも費用対効果の高い仕事の仕方でしょう。

特典があります

ご購入いただいた方に、下記の特典を差し上げます!

 

特典①ニュースレター2号分プレゼント

通常12号セットですが、今回ご購入いただいた方にはプラス2号分、合計14号をセットにしてご提供します。

一度ご購入いただけば、丸1年以上ニュースレターを発行できます。

 

特典② 「トークテーマ集」プレゼント

「個人的な情報を出したほうが良い・・」とお伝えしましたが、「じゃあ、個人的な情報って何を伝えたら良いの?」とお悩みの方も多いでしょう。

そんな方のために、「トークテーマ集」をプレゼントします。

これは、簡単にいうと「話題」を集めたものです。

例えば、

・最近運が良いと思ったこと

・好きなお菓子

・お正月何する?

など。あなたは、このテーマに沿って話を書けば良いのです。こんなテーマが400近くありますので、ネタに困ることはなくなるでしょう。

もちろん、対面の営業での話題作りにも活用できます!

 

購入ページ

※お申込み前に必ずサンプルをダウンロードし、ご利用可能な環境かお試しください。
営業ニュースレターサンプル

 

購入ページに進む

追伸

このレターをここまで読んでいただいたということは、
おそらくあなたは営業マンまたはそれに近い立場の方ですね。

 

そして、営業成績が振るわなかったり、お客さんとの関係がいまいちで、
悩んでいるのかもしれません。

 

このニュースレターを使うことで、
「あっという間に」お客さんとの関係が良くなり、バンバン契約がとれる、
なんてことはありません。

 

そして、このニュースレターが営業成績を上げる唯一の方法、
と言うつもりもありません。

 

ただ、営業成績を上げるための理屈・・
「継続して接触すること、有益な情報を提供すること」を
ご理解いただける方ならば、
このニュースレターの有効性をご理解いただけるでしょう。

 

是非、このニュースレターを活用し、お客さんとの関係を構築してください。

そうすれば、営業の悩み、辛さから解放されることでしょう。

 

購入ページ

ご利用可能な環境かご確認いただけたら、下記リンクよりお申込みください。

購入ページに進む

 

 

・特定商取引法に基づく表示

ページ上部へ