小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 事業再生の秘訣 > 倒産しないための簡単な方法・・キャッシュを確保する

倒産しないための簡単な方法・・キャッシュを確保する

2012.12.19 更新


倒産を避けるために最も注意するべきこと。とてもシンプルです。

それはキャッシュ(現金、預金)を常に確保することです。

 

極端な話、キャッシュがあれば、借金はいくらあっても倒産しません。

キャッシュがなければ、借金が少なく、黒字になっていても事業継続できなくなる可能性があります。

 

特にこの記事を読んでいただいている零細企業の場合、キャッシュには気をつかう必要があります。

資金が足りなくなる!と分かった時点で、他から資金を調達できる保証が無いのですから。

 

たまに、少しキャッシュに余裕があるからと言って、借入金を前倒しで返済しようとする経営者がいます。

借金を少しでも減らしたい、金利を払うのがもったいないという考えなのでしょうが、慎重に検討すべきです。

個人的には、たとえある程度金利を負担したとしても、キャッシュとして手元に置いておくほうが良いケースが多いと感じています。

特に、毎月の売上が安定しない業種の場合、たとえ一時的にキャッシュが増えたとしても、安易に前倒し返済すべきではないでしょう。

 

なお、「借入金の返済をしても、返済額は費用にならない」ということをご存知ない方が多いようです。

実感ベースでは、零細経営者の半数以上はそのような認識であるように感じます。

 

つまり、

手元にキャッシュがある

返済に回すのでキャッシュは減る

キャッシュは減るが、経費が増えるわけではないので利益に対して税金は発生する

利益は出ているがキャッシュは無いので税金の支払が大変になる

 

という状況をご存知ないのです。

もしあなたもご存知なかったのであれば、要注意です。

 

※もちろん、逆に銀行から借入をしてキャッシュが増えても、それは利益ではありませんので、税金として持って行かれることはありません。

 

なお、どのくらい手元にキャッシュを持っていれば良いのか?という問題があります。

月商の1か月分やら3か月分やら、色々な目安はあると思いますが、
業績が悪化している零細企業の場合、ケースバイケースと言わざるを得ないでしょう。

資金繰りをしっかり管理し、毎月の返済額や、売掛の回収・買掛の支払サイトなどから、
手元に持っておくべき資金を見定めましょう。

※単純に銀行からの評価という意味では、やはり月商の1か月分は必要と言えるでしょう。

 

キャッシュの重要性、しっかり認識してください。

 

そのような事態になる前に業績を上げたい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.