小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > クリーニング店の売り上げアップ・・集客以外でも売上増はできる

クリーニング店の売り上げアップ・・集客以外でも売上増はできる

2013.11.28 更新


クリーニング集客画像

クリーニング店の売り上げアップ。

 

ライバルも多く、大変な業界ですね。

 

売上の方程式は

売上= 客数 × 客単価 × リピート数

ですので、この3つをどのように上げるか?考えるのがセオリーです。

 

・客数を増やす

・客単価を上げる

・リピート数を増やす

ということです。

 

では、まず何からすべきか、ですが、クリーニング店はエリアビジネスですので、既存客(お得意様)を増やし、リピートしてもらうのが基本ですね。

 

新規のお客を増やすことももちろん重要ですが、まずは流出を防ぎましょう。

 

既存客は、必ず毎年減ります。

 

減る理由はさまざまで、

・なんとなく忘れていたとか

・たまたま他に安いクリーニング屋を見つけたとか

・引っ越したとか

・あなたの店に不満があった

などです。

 

減ること自体は必ず起こります。

で、それをそのままにしていてはいけませんよね、ということです。

 

お金をかけて宣伝して100人新規を取ったはいいものの、150人流出していては商売になりませんよね。

逆に新規は0でも、流出も0にできれば新規を取るよりも効果は高いわけです。

 

そして、新規を取るより流出を抑えるほうが絶対に簡単です。

すでにあなたのお店を利用しているお客なのですから。

 

というわけで、まずは流出客の食いとめから始めましょう。

 

新規で集めるよりも効果がわかりにくく、地味なのであまりやる気が起きない経営者も多いと思いますが、上記のように数字で見ればその効果はわかりますよね。

 

何事も「数字で見る」ことを意識しましょう。

 

「暇」

「景気が悪い」

「業績が悪化した」

などあいまいな言葉ではなく、数字で出してみましょう。

数字は嘘をつきません。

 

流出客の食いとめはどうやれば?という話は、また別の記事でご紹介します。

 

さて、流出客の食いとめの次は、客単価を上げることを考えてみましょう。

 

客単価は、さらに分解すると

客単価= 商品価格 × 購入点数

となります。

 

したがって、

① より高い商品

② より多くの商品

を購入してもらえれば客単価が上がります。

 

「より多くの商品」とはクリーニング関連である必要はなく、例えば提携している別の店の商品を売っても構いません。

 

宅配クリーニング屋が米を売っている事例もあります。

持ってきてくれるし便利なんですね。

 

クリーニングは一度預けると必ずもう一回接点がありますので、その点は優れているビジネスモデルです。

 

「接触回数」というのは非常に重要で、基本的に接触回数が多ければ多いほど売上を立てやすくなります。

有効に活用しましょう。

 

今回は、売上アップの基本的な考え方と、特に流出の食いとめ、客単価アップについてお伝えしました。

まずはこの二つを確実にしましょう。

新規集客は、それからで遅くありません。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.