小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 事業再生の秘訣 > 借入をせずに目の前の資金を調達する4つの方法

借入をせずに目の前の資金を調達する4つの方法

2013.01.24 更新


リスケジュールもして、資金の流出はいったん抑えた。
あとは業績を立て直して・・という局面でも、
どうしても目の前の資金が足りなくなることはあると思います。

そのような場合に、借入をせず目の前の資金を作る方法をいくつかご紹介します。
全ての事業者にあてはまるわけではありませんが、
自分に適用できないか、チェックリストとしてお読みください。

①売掛金の回収を徹底する
意外とあるケースです。自分自身も資金繰りが厳しいのに、
売掛の回収にルーズになっている場合です。

相手方が支払ってくれない理由は単に忘れていただけ、
ということもよくあることですので、まずはしっかり督促しましょう。

②休眠資産を売却する
自動車、機械、有価証券など、普段使っていない資産が眠っていないでしょうか。
今一度探してみて、不要なものは売却しましょう。
「これは業務に必要」と思っているものでも、手放してみれば特に必要なかった、
ということはあり得ます。

あるいは必要なものは同業者から譲ってもらえないか、
借りることはできないかなど、考えてみましょう。

③在庫を叩き売る
本来、安売りはやってはいけないことです。
零細企業が安売りをしていると、必ず業績を逼迫させます。

しかし、今回に限っては目の前の資金を作る必要があるわけですから、
例外的に叩き売りをしてでも販売するというのは方法の一つです。

眠っている在庫があるのなら、不良在庫の処分にもなります。

その際には、必ず叩き売りをする理由と、
限定(期間、個数など)であることを明確にする必要があります。

叩き売りの理由を明らかにすることで、お客の
「なぜこんなに安いのか」
という不審感を消し、また、普段は安売りしていないというスタンスを示します。
さらに、限定することによりお客の購買意欲を起こします。

④現在の顧客、失客、過去の見込み客に販売する
在庫がない商売や、あるいは在庫がある場合でも、
販売する相手はまず以下から優先すべきです。

・現在の顧客・・もっともあなたの商品を売りやすい相手、それは現在の顧客です。
DMなどで告知すれば、必ず一定数は購入してくれるはずです。

・失客・・現在は離れてしまったが、過去にはお客だった人です。
現在取引が無いとはいえ、かつてはあなたの商品を購入してくれたわけですから、
まったくの新規客よりも販売はしやすいはずです。
恐れずアプローチしましょう。

・過去の見込客・・見込客とは、あなたの商品に興味はありコンタクトはとったものの
成約には至らなかった人です。
その当時売れなかったとしても、現在は買ってくれるかもしれません。
当時買わなかった理由は、たまたまその時に必要なかっただけかもしれませんから。

特に③、④は歴史のある会社の場合有効なことが多いです。
過去の取引先、見込客のリストもしっかり作成しておきましょう。

リストがない場合、昔の名刺・請求書・納品書等を引っ張り出せば
発掘できる可能性が高いです。

以上、是非お試しください。

 

 

下記より、業績アップに役立つメルマガの登録が可能です。

メルマガ限定の記事もありますので、是非ご登録ください。

業績アップのためのメルマガ登録


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.