小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > メニュー表を変えるだけで売上を上げる方法

メニュー表を変えるだけで売上を上げる方法

2012.11.28 更新


売上を上げたい、と考えた時、真っ先に思い浮かぶのが

「もっとお客を集めなければ」

という集客の視点です。

 

もちろん、お客を増やしたいのは分かりますし、客数が非常に重要な要素であることも間違いありません。

 

 

が、集客というのは基本的に難しいのです。

今まで来てくれていない新規のお客を獲得するのは非常に困難です。

 

ではどうするかというと、既に来てくれている既存のお客に目を向けることです。

 

それも、

「既存のお客に来店してもらう」

ではなく、

「現在店内にいるお客にもっと買ってもらう」

 

という視点を持ちましょう。

 

それが最も簡単な売上アップの方法です。

 

そして、店内で可能な売上アップの方法も色々あります。

 

・声掛けしてもう一品買ってもらう、より高いものを買ってもらう。

・POPで魅力を伝える。

・テイクアウトしてもらう。

 

などなど。

 

 

◆メニューを活用した売上アップ

今回は、メニューを活用しての売上アップ法をご紹介します。

飲食店や美容室など、メニューがあるビジネスの方はご活用ください。

 

 

まず、大前提としてお客は目に付いたもの、目立つものに注目します。

当然のことですが。

 

 

なので、最悪なのが安い順に上から商品を載せているようなメニューです。

 

メニューの一番上から通常はお客の視線が動きますから、一番上に一番安いメニューを載せていると、当然最も目立つのは安いメニュー、となります。

 

安いメニューが目立てば、当然安いメニューが最も一番売れる、ということになります。

 

よく

「うちのお客は、安い商品しか買わないんだよ」

とぼやく方がいますが、それはその店が安いものを売ろうとしている(ように見える)からです。

 

安い順に並べるのではなく、売りたい商品を最も目立つポジションにおきましょう。

 

 

ちなみに人間の視線は、左上から右を通り左下へ、という「Zの法則」で動きます。

 

最も目立つ左上には、最も売りたい商品を載せましょう。

 

 

 ◆商品の価値を伝える

次に、商品の価値をしっかり伝えましょう。

 

例えば、

「カレー 500円」

では何の魅力も感じません。

 

が、

「シェフが一晩かけて煮込んだトロコクカレー、一日100食限定」

だと、800円でも売れるかもしれません。

 

そのあたりはPOPでしっかり伝えるのも良いですが、どうせメニューがあるのですから、活用しましょう。

載せるなら商品名だけでなく、価値も伝えましょう。

 

私も飲食店のお客さんで、ただの商品名だけでなく価値を伝えるメッセージを付けただけで倍も売れるようになった経験があります。

 

是非、今日から取り組んでみてください。

 

◆最もハードルの低い販促行動

このように店内で行う施策は、すぐにでも実行できます。

そして、例えばお客さんにハガキを送ろう、といった、対お客へのアクションではありません。

なので、限りなくハードルは低いと言えます。

ハガキを送るのは恥ずかしい・・という方も、メニューを変えるくらいはできるでしょう。

 

売上アップの第一歩として、店内メニューから見直す。

是非試してみてください。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.