小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 店舗でチラシを使って集客する際の注意点2つ

店舗でチラシを使って集客する際の注意点2つ

2015.11.24 更新


店舗ビジネスをやっている方、チラシはまだまだ有効な集客手段です。

ホームページやスマホでの集客ももちろん重要ですが、
商圏が決まっている店舗ビジネスの場合、
チラシのほうが効果が高いこともよくあります。

チラシを利用して集客する際の注意点を2つ上げておきます。

 

1.商圏を外れて一度に広く撒いていないか

店舗ビジネスの場合、商圏が決まっています。

もちろんお店の立地などで変わってきますが、
基本的には商圏を広くとらえ過ぎないことが重要です。

自店の顧客リストから重点となるエリアを定め(できるだけ絞る)
絞ったエリアに撒くのがポイントです。

例えば広いエリアに5万枚一度に撒くなら、
商圏を絞り5000枚×10回撒くほうが、
確実に効果は上がります。

 

理由は、

「お店に来るのは、絶対的に近所の人が多いこと」

「何度も撒くことで認知度が上がり、来店意欲が高まること」

です。

得てして5万枚を一度に撒いて、
期待した反応が出ないためそれで諦めてしまうケースがよくありますが、
そもそもそれが間違いです。

 

2.オファーが弱い

オファーとは、提案という意味ですが
まあチラシで言えば「特典」です。

分かりやすく言えば、

「〇〇&OFF!」

「〇〇プレゼント!」

のことです。

チラシを出していながら、このようなオファーがなければ
まあ反応は期待できません。

「安売りしたくない」

という気持ちがあるのでしょうけれど、
よほど魅力的な商品でなければ、
たった一枚のチラシを見て

「この商品が欲しい!」

とは思わないものです。

 

まずは強力なオファーで来店してもらい
(※この時点では利益が出なくても良い)
後日リピートしてもらうことで利益を出すのが基本です。

なお強力なオファーとは?というところですが、
これは業種によって違うでしょうからなんとも言えません。

色々テストしてみましょう。

割引なら、10%や20%では弱いです。

最低30%、50%くらいの割引できないか検討しましょう。

繰り返しますが、まずは集客が先、利益を出すのは後、です。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright © 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.