小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 仕事術、思考法 > 「時間が無い」と言う社長のための時間管理法

「時間が無い」と言う社長のための時間管理法

2013.05.01 更新


やりたいことがいっぱいあるけど、時間がない・・という経営者は多いでしょう。

 

かくいう私もその一人です。

 

常に色々な人に

「忙しい、時間が無い」

と言っています。

 

そんな人間がこんなことを書くのはアレですが、どうすればやりたいこと(やるべきこと)をできるか?

お伝えしたいと思います。

 

結論から言いますと、

 

①やるべきことをピックアップします。

②優先度をつけます。

③優先度が高いものから、スケジュールに組み込みます。必ずその時間を取ります。

④他のことは切り捨てます。

 

以上です。

 

 1日24時間しか無い以上、全てやることは不可能でしょう。

なので、できないことは捨てます。

 

もちろん、前提としてそれはそもそもやるべき仕事か?

あるいは自分がやるべき仕事か?

は考える必要があります。

 

他の人ができる仕事を、経営者がやっていてはいけません。

ちまちまホームページいじったり、領収書の糊貼りやっている場合じゃないのです。

 

経営者のやるべきことは、業績アップにつながること。

それ以外、任せられることは他の人に任せるべきです。

 

「他の人には任せられない」

と言っていては、いつまでたっても仕事は減りません。

 

そして、やるべきことが明らかになったら、その仕事は最優先で予定に入れます。

他のことはしない!とブロックしちゃいます。

1日1時間でも、2時間でも、絶対にやる、と決めます。

 

「そんな時間ない」

と言う方もいます。

 

でも、例えば急にお葬式が入ったり、結婚式があったりすれば、予定調整して参加しますよね?

ということは、やり繰りできるはずです。

やり繰りしないのは、その仕事の優先度を下げているだけです。

結局、目先の仕事を優先しているだけということです。

 

 

さて、私も実は新規事業のプロジェクトがあり、やらなきゃいけないのに

「時間が無い」

と言って後回しにしていました。

 

重要度は高いが緊急度が低い仕事です。

 

ここでこの記事を書いた以上は、この仕事のために毎日必ず時間を割り振ることを決めます。

これで、この新規事業の成功は約束されました!

・・となるように頑張ります。

 

 

自分がやるべき仕事以外は切り捨てる。

従業員ではそうはいきませんが、経営者ならばできるはずです。

 

本当に自分がやるべき仕事は何か?考えてみてください。

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.