小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 事業再生の秘訣 > 自転車操業にならないために・・安易な借入をしない

自転車操業にならないために・・安易な借入をしない

2012.12.01 更新


銀行からの借り入れの返済、従業員の給料、仕入代金の支払い、社会保険料、税金・・

 

今月末の支払がいよいよできなそうだ、銀行からの追加の融資も受けられない。 という場合、まず「払えないものは払えない」と腹をくくることが大事、と前回お伝えしました。

 

最悪なのが自殺することです。 やめましょう。

 

そして次に悪いのが、他から借入をすることです。

まずは親戚、知人から借りようとするでしょう。 しばらくはそれでしのげます。

そしていよいよ借りるあてがなくなると次に消費者金融、いわゆるサラ金に手を出します。

1社、2社と増えていき、返済のために新規で借入をするようになります。 ちなみにこの時点ですでに自力での返済はほぼ不可能です。

いわゆる自転車操業の状況に陥ります。

低い金利のお金が返せないのに、より高い金利のところから借りて返せるわけがありません。

 

消費者金融からも新規で借りられなくなると、貸してくれるのは違法業者のみです。闇金です。

特に自営業や会社経営の方には、FAXやDMで営業が来ます。 「即日融資可能!ご連絡ください!」

このような業者(違法なので、業者と言うのもおかしいのですが)に連絡すると手形・小切手を担保に出すように要求されます。

 

目先の資金繰りに追われてこのようなところから借りると、いわゆる倒産は目の前です。

利息は10日で1割や、もっと高い業者もありますから、あっという間に返済に窮します。
しかし手形・小切手を担保に取られているので、返済できないと不渡りを起こすという恐怖があります。
何とかかき集めて、返済をします。

そのうち、また違う業者が同じように営業してきます。

実は裏で情報共有していて、実態は同じ業者であることもあるのですが、とにかく「貸しましょう」と言ってきます。

 

あとはこの繰り返し、あっという間に業者の数も膨れ上がり、パンクするのを待つのみです。
この頃には経営者も返済資金の捻出のことしか考えられないので、ろくに本業に手も付けられません。

親戚、友人にも迷惑をかけ信用を失い、本業もボロボロになり、倒産。

 

これはオーバーな事例ではありません。 一歩間違うと、こうなってしまう恐れはあります。

返済、支払ができない、というときに、安易に他から借入をしてなんとかしよう、という発想は捨てましょう。

 

なお、確実に入金のあてがあり、それまでのつなぎに利用する、というのであれば、高い金利の借り入れも絶対NGというわけではありません。

返すあても無いのに、苦し紛れに借りるのはやめましょう、ということです。 周りの人も巻き込んで不幸になります。

 

このテーマは続きます。


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright © 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.