差別化が大事だとは知っている・・

でもどうやって差別化すれば良いの?と

お悩みの司法書士の先生へ

 

 

全11回の無料メール講座

「司法書士が差別化によりお客様から選ばれる方法」

 

 

「これからの時代の司法書士は、差別化が必要だ」

このように言われています。
あなたもそのとおりだ、とお考えかもしれません。

 

ご存知のとおり、今は「資格があれば食っていける」という時代ではありません。

 

日本の人口は減りつつあり、案件自体も減少傾向にあります。
その上弁護士や行政書士など近接資格がこの市場に参入しようとしています。
ライバルは増えています。

 

このように、司法書士の先生にとってとても厳しい時代、お客様から選ばれるためには

差別化」が必要です。

 

つまり、「他の先生ではなく、あなたが選ばれるための理由」が必要です。

そうしないと、お客様はあなたと他の先生との違いがわかりません。

 

違いが分からないと、結局

「どこに頼んでも一緒でしょ」
「なら、安いところに頼むよ」

となってしまいます。

 

その結果、現在のダンピング競争になっているのです。

 

しかし、あなたはこう考えているでしょう。

「差別化が重要なのは分かっている。でも、その方法が分からない・・」

 

確かに、司法書士という業種は差別化が難しいですよね。
特に「登記」は、誰がやっても結果は一緒と思われがちです。

 

もちろん、その先生のもつ経験や知識、特殊な案件の対応方法等、差別化する箇所はあります。

 

しかし、それをお客様に伝えるのはとても大変なのです。
なにせわかりにくい、専門的なことですから。

 

ではどうやって他の先生と差別化をし、あなたが選ばれることができるのでしょうか?

 

それを、このメール講座

司法書士が差別化によりお客様から選ばれる方法

でお伝えしています。

 

全部で11回構成のメール講座ですが、
このメール講座であなたはこのような知識を手に入れることができます。

差別化のための3つの方法論とは?
あなたが採用すべき差別化の手法とは?
お客様との関係を作り、専門家として尊重されるための方法とは?
お客様が仕事を依頼したいと考えた時に、まずあなたを思い出してもらうには?
新規顧客獲得の正しいプロセスとは?
一か月30分の作業で、これらを実現するためのツールとは?

上記のとおり、このメール講座では、あなたが他の先生と差別化をし、
お客様から選ばれるために必要な知識を、無料で提供しています。

 

この講座で学んでいただいたことを実践すれば、
ライバルではなく、あなたが「選ばれる司法書士」になれるでしょう。

 

全11回の無料メール講座「司法書士が差別化によりお客様から選ばれる方法」

 

 

あおい総研 申し遅れましたが、私は株式会社あおい総合研究所の代表取締役を務めている道場と申します。あおい総合研究所は、零細企業専門の事業再生・売上アップのコンサルティングをしている会社です。

簡単に言えば経営コンサルです。

 

現在は経営のコンサルタントをしている私ですが、
もともとはあなたと同じ司法書士でした。

司法書士業界での経験は8年ほどでしょうか。

その間、登記、債務整理、一般民事など、一通りの業務は経験しました。
なので、司法書士業界のことは分かっているつもりです。

 

そして、現在私は司法書士業界専門のコンサルタントをしているわけではありません。
自動車整備、飲食店、製造業、スタイリスト、その他各種業界のコンサルティングをしています。

 

つまり、ずっと司法書士業界にいる方では気付けない知識や経験をもっています

今回、司法書士時代の経験と、現在のコンサルタントとしての知識経験を活かし、司法書士の先生方の業績アップのお役に立とうと、このような講座を企画しました。

 

 

登録は無料のメール講座ですし、不要になればボタン一つで解除できます。

もちろん、お役に立つ知識が満載であることはお約束します。

 

是非この講座にご登録いただき、他の先生と差別化する方法を身に付けてください。

そして、この厳しい業界を勝ち抜いてください。

 

 全11回の無料メール講座「司法書士が差別化によりお客様から選ばれる方法」

ページ上部へ