小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 植木屋、庭師、造園業のチラシ集客のポイント

植木屋、庭師、造園業のチラシ集客のポイント

2015.08.24 更新

植木屋、造園、庭師のための集客方法。

自分では動かず、ほっておいてもお客が集まる。

そんな状況は理想的でしょう。

ほったらかしで集客するには、やはりメインはインターネットです。

インターネット集客のまとめはこちら

 

が、アナログも効果的なケースがまだまだあります。

アナログでの集客も押えておきましょう。

 

アナログの集客というと、まず一番なじみがあるのがチラシでしょう。

チラシでも、充分集客できます。

チラシ集客のポイントは、

・チラシの内容
・配る場所ですね。

 

■チラシの内容のポイント

チラシの内容については、基本的にホームページの作り方と同じで良いです。

「なんでチラシとホームページが同じ?」

と思うかもしれませんが、お客がお金を出すまでの心理というのは、ネットでもアナログでもそれほど変わらないのです。

なので、ホームページを作る時にそろえた材料(キャッチコピー、写真、お客の声・・)をチラシにそのまま使いましょう。

ホームページで集客できているものであれば、チラシでも効果が高いでしょう。

私もお客さんに、チラシを提供しています。

ホームページの内容をそのままチラシにしたものです。

そのケースでは、200枚程度配布で3件反応がありました。

相当反応率高いですね。

 

チラシも、ホームページと同じです。

単純に「お庭のことならなんでもおまかせ!」では、響かないのです。

お客の心理を理解して、チラシを作りましょう。

 

■チラシの配布方法

次に、チラシの配布地域について。

基本的な考え方として、

「これまで反応が良かった場所に配る」

のが正解です。

これまで反応が良かったエリアなら、今後も反応が高いと見込めるからです。

反応率が下がるまでは、同じエリアに撒き続けましょう。

 

配り方については、ポスティングが基本的には効率が良いですね。

植木の手入れが必要そうな家(経験でわかると思います)に狙っていれるのが良いでしょう。

ちなみに、ポスティングで恐ろしく高い成約率を出している植木屋さんがいまして、秘訣を聞いたところ・・

一番は「手渡し」だそうです。

庭に家の人がいたら、声をかけて渡すのだそうです。

そうすると、5軒に1軒程度は問い合わせになるとか。
恐ろしいですね。。

 

さて、ここまでチラシやポスティングについてお伝えしました。

 

「自分で配る」話もありましたので、全自動で集客できる、という話では無いんですけどね。

 

実際、忙しくなってきたら自分で配っている暇は無いでしょうから、配る必要は無いです。

が、開業当初やお客が欲しい時は、ポスティングが必要でしょう。

その場合には、是非今回お伝えした内容を実践してみてください。

 

 

キーワード_28130_image003

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.