小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 忘年会シーズンに飲食店がすべきこと

忘年会シーズンに飲食店がすべきこと

2013.12.17 更新

忘年会シーズン真っ只中です。

 

普段の月よりもお客が多く、12月の売上はそれほど心配していない、というお店も多いとは思います。

が、この時期、飲食店がすべきことがあります。

 

 

◆新規客をリピーターに変える

忘年会ということで、今まで来ていなかった新規のお客さんが来店するケースも多いでしょう。

 

確かに12月だけ見ればお客の数も多く、売上は良いかもしれません。

お店も忙しいでしょう。

 

が、これから1月、2月と売上が最も落ち込む時期です。

 

12月の忙しさに安心して何も対策をしていないと、来年厳しい状況を迎えることになります。

ですので、しっかり事前に対策をしておきましょう。

 

では具体的に何を対策するかというと、初めて来た新規客をリピーターに変えることです。

 

12月は、何もしなくても新規のお客さんが来てくれる可能性が高い、チャンスの月です。

この新規客を、そのまま逃してはいけません。

リピーターになってもらい、その後も来店してもらいましょう。

 

 

◆新規→リピーターにする方法

これは私の他の記事でも何度も書いていますが、とにかく接触することです。

接触とは、DMでもメールでも良いのですが、あなたのお店を忘れないでもらう、思い出してもらうことです。

 

そのためには、お客への連絡先を教えてもらうことが必要です。

 

住所、名前、メールアドレス、誕生日などの情報があればとりあえず良いでしょう。

 

そしてリピートしてもらうために重要なのは、1回目⇒2回目の来店を促す仕掛けを作ること。

 

まずは、来てもらうことが重要なので、多少大胆なサービスをしても良いでしょう。

100円引き、ドリンク無料などのあまり魅力が無い特典ではなく、「行かないと損」と思えるくらいのサービスをして良いでしょう。

 

そんなサービスをしては利益が減る?それで良いのです。

その後リピーターになってもらうことができれば、そのお客からはより多くの利益が手に入ります。

一回の来店時の利益だけを見て判断するべきではありません。

 

 

◆忙しいことを言い訳にしない

12月は忙しく、新規客の情報を取っている暇はない、という人もいます。

が、できない言い訳をしていても、売上は上がりません。

 

例えば、メールアドレスならPOPにQRコードを載せておくだけで良いですし、端末にかざすだけでアドレスを入力できるシステムもあります。

もっとアナログなら、例えばレジ横に名刺を入れる箱を置き、そこに入れていってもらうだけでも良いわけです。

 

「できない」

と言っていても始まりませんので、工夫をしてお客さんの情報を取得しましょう。

 

 

本来であれば非常にコストがかかる新規集客が、12月は容易にできるわけです。このチャンスを逃さないようにしましょう。

 

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.