小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 本屋の売上アップ・集客方法・・なぜあなたの店に行くのか?

本屋の売上アップ・集客方法・・なぜあなたの店に行くのか?

2012.04.05 更新

本屋の売上アップ・集客について。

私は本が大好きです。
なので本屋も大好きです。

最近は電子書籍やらアマゾンやらが大攻勢をかけてきているので、
小さな本屋は本当に大変でしょうね。

でも、特に目当ての本が無くてもパラパラ眺めてよさそうな本を買う、
というのはとても楽しいので、是非本屋さんには頑張って生き残って欲しいものです。

ここまで個人的な感想。

ではどうすれば良いか?

基本的には、どこにでもあるような本をただ並べて
店を開いているだけ、では駄目ということでしょう。

一つの案は、専門化。

あるジャンルに関しては、この本屋に行けばなんでもある!
というレベルまで特化することです。

もちろん、そのジャンルに関してはオーナーも
同レベルの知識が必要です。

マニア向けですね。

絞ると客数が少なくなってしまうので、
通販、ネット対応して商圏を広げる必要があります。

競合が増えてきたときの零細の基本戦略は特化・差別化なので、
妥当な方法ではあります。

が、やはりいきなり絞るのは難しい、というケースも多いでしょう。

他の案としては、地域密着・リピーター囲いこみ。

商圏内のお客の個人データをばっちり管理して、
好みにあった本のお勧めや新刊の取り置き、連絡。

定期購読の契約などをして、リピーターから確実に収益を上げる方法です。

これはこれで、スタッフが幅広い知識を持つ必要がありますし、
顧客管理も必要ですのでまあ大変でしょう。

が、零細書店が生き残るにはこのような方法を取る必要があります。

ネットで選べて届けてくれるという便利さに勝つには、
それ以上の価値を提供しなくてはなりません。

ワインのソムリエのように、本の専門家としてお客へ価値を伝えましょう。

 

「他の本屋ではなく、なぜあなたの店に行くのか?」

に答えられるようになる必要があります。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.