小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 新年の決意なんて無駄

新年の決意なんて無駄

2014.01.06 更新

業績アップのために、新年の目標を掲げた方も多いかもしれません。

 

特に、行動レベルで目標を決めた方。

 

例えば、

「毎日ブログを書く」

とか、

「朝〇時に起きて、ビジネス書を読む」

とか。

 

残念ながら、その目標は達成できずに終わるでしょう。

無駄に終わります。

しかもわりとすぐに。

 

こう書くと気を悪くするかもしれません。

 

 

が、おそらくあなたが今まで立てた目標や決意は、ほとんど途中で達成できずに終わっていますよね?

 

昨年も、新年の目標を立てたかもしれません。

達成できましたか?

 

 

新年の目標を簡単に達成できているなら、かなり充実した、幸せな人生を送れているでしょう。

が、なかなかそうはいきません。

 

なぜでしょうか?

 

また、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

◆自力でモチベーションのコントロールなどできない

こちらの記事にも書きましたが(仕事術・思考法というカテゴリの記事なので読んでいない方が多いと思いますが)、自分でモチベーションをコントロールするのは非常に難しいです。

 

どんなに立派な決意をしても、すぐに楽な方に流されます。

 

今までの習慣は、簡単には変えられません。

 

 

なので、自力で変わろうとすることをまず諦めてしまうのが良いでしょう。

 

無駄な努力をしても、また達成できず自己嫌悪するだけです。

 

 

では、自力で変わらないとするとどうすれば良いのか?

 

答えは、強制的に変わらざるを得ない状況にすることです。

 

 

◆強制される状況とは?

 

例えばあなたも、自分の意思では早起きできなくても、もし早起きできなくて遅刻したら上司に叱られる、となれば早起きしますよね。

 

あるいは、ダイエットのために食事を控えようという場合。

目の前にお菓子があればつい食べてしまいますが、そもそも食べ物が手に入らなければ、食べようがないですよね。

 

 

つまりそういうことです。

 

自分の意思でなんとかするのではなく、外部からの強制力や、物理的にできない状況に追い込んでしまえば良いのです。

 

当たり前過ぎるかもしれませんが、これは簡単かつ強烈です。

 

 

あなたがついテレビを見過ぎてしまうなら、テレビを捨ててしまいましょう。

 

一人での経営の勉強が続かないなら、仲間を集めて勉強会を開きましょう。

 

売上を上げたいなら、売上を上げる行動をする時間を毎日スケジュールに入れてしまいましょう。そしてそれを、周りの人に宣言しましょう。

 

 

ちなみに、コンサルタントに依頼するのも良い方法です。

コンサルタントに依頼するのはアドバイスをもらうだけではなく、

 

「行動しなければ怒られる、恥をかく」

 

という状況に自ら追い込むためです。

 

まあコンサルタントである必要はありませんが、何せ外部からの強制力を利用するべきです。

 

 

 

ちなみに私は新年早々に、スマホからお気に入りのサイトのブックマークを2つ消しました。

 

そのサイト、特にビジネスに役立つわけでもないのについつい読みふけってしまい、無駄な時間を過ごしていたからです。

 

しょぼい行動だな、と思われるかもしれませんが、こうしないと確実に今年も無駄な時間を費やし続けることは間違いありません。

 

自分の意志でセーブすることなんてできませんから。

 

 

あなたも、新年の決意なんて無駄なことは止めて、

「せざるを得ない状況」

に追い込んでみてください。

 

 

そのほうが確実に成果が出ますよ。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.