小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 売上アップのための分析・・「強み」と「弱み」

売上アップのための分析・・「強み」と「弱み」

2012.12.19 更新

先日コンサル仲間とちょっと話題になったので書きます。

 

あなたは、自社の「強み」と「弱み」を知っていますか?

・・という話をすると、「SWOT分析」という言葉が出てきます。

マーケティングの勉強をしたことがある人にはおなじみでしょう。

 

簡単に説明しますと、SWOT分析とは自社の「強み」「弱み」「機会」「脅威」を洗い出して、
それぞれ組み合わせて今後の事業戦略を練るための分析方法です。

英語にしたときの頭文字から「SWOT」といいます。

(スウォットです、スワットではありません。特殊部隊じゃありません)

 

この分析をやるときに、自分の会社だけを材料に始めるケースが非常に多いと思いますが、間違っています。

 

例えば、あなたの会社には代表者であるあなたしかスタッフがいません。

これは強みですか?弱みですか?

一般的には弱みと言いそうですね。一人しかいないんじゃ心もとない、とか。

しかし、一人しかいないため何でも即決でき、意思決定が早いというメリットがありますね。
もしライバルがそれなりの組織が整っている会社であれば、
上司を通し役員会を通し社長決裁をし・・と時間がかかるでしょう。

そうすると、一人しかいないというのは強みと言えそうです。

でも、あなた一人しかいないため、仕事がいっぱいだと対応できませんね。これは弱みでしょう。

 

もっとわかりやすい例で、あなたが喧嘩をするとしましょう。肉弾戦です。

強いですか?弱いですか?

小学生よりは強いでしょうね。

格闘家よりは弱いでしょう。

その格闘家も、ライオンよりは絶対に弱いでしょう。

 

と、いうように、強い弱いは相対的な評価です。

したがって、自社だけで「これは強い、これは弱い」と決めることに意味は無いということです。

 

では何に比べて強い弱いの判断をするかというと、ずばりライバル、競合です。

あの競合はこんな特徴がある、それに比べてうちは勝っている、ということですね。

 

ところが、です。

 

じゃあ今度は、競合ってどこ?って話が出てきます。

例えば飲食店であれば、商圏内の飲食店全てが競合といえるでしょうか?

ファーストフード店は、高級料亭を競合と認識しているでしょうか?

してないでしょうね。

 

結局、自社のターゲットとなるお客は誰?

お客に提供する商品は何?

それに競合するライバルはどこ?

が決まらないと、強み弱み分析はできないということです。
ちなみにこれは以前の記事「3つのC」でお伝えしたことと本質は同じです。

 

じゃあいつSWOT分析するの?って話ですが・・知りません(笑)。経営学に詳しい人がいたら、是非レクチャーしてください。

マーケティングはややこしい分析ばっかりして実際は役に立たない・・と思う方が多いかもしれませんが、
何のために分析するのか、どういう意味があるのか、はしっかり考える必要があるでしょう。

「分析のための分析」になっては、机上の空論と言われても仕方ありません。

 

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.