小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 地域型店舗ビジネスでの集客力アップ方法・・まずは知ってもらう

地域型店舗ビジネスでの集客力アップ方法・・まずは知ってもらう

2012.04.22 更新


ここでいう地域ビジネスとは、飲食店やその他小売店など、地域を商圏とした店舗系のビジネスを指します。

集客力、つまりお客を集めるために必要なものは何でしょうか?

◆あなたは知られているか?

まず大前提として、

「知られていること」

です。

そもそも広告や宣伝をしていない店舗が多過ぎますね。

「長年やっているから、皆うちの店のことを知っているよ」

と考えている経営者は多いと思いますが、
そんなことはありません。

皆、あなたのことなど知らないと思ったほうが良いでしょう。

嘘だと思うなら、あなたも自分の家の近所を、徒歩で回れる範囲で
歩いてみてください。

そこにある店のことを、全て知っていましたか?

重要なのは、

「何の店か」

まで把握していることです。

そうでないと、その商品が欲しいと思った時に思い出してもらえないですから。

どうでしょうか。歩き回った結果、
ちゃんと覚えていない店も多かったのではないでしょうか?

同じように、近所の人もあなたの店のことなど覚えていません。

なので、まずはあなたの店のことを知ってもらうところから始めましょう。

◆AIDAの法則

これはいわゆるAIDAの法則というもので、
人が物を買うときの心理のプロセスを表したものです。

①まず注意をひきつけられ

②興味をもち

③欲しいと思い

④行動する。

つまり知らなければ絶対に買ってもらえることは無い、ということです。

知ってもらうにはどうすれば良いか?
当たり前過ぎますが、まずはここから始めましょう。

 

◆知ってもらうための方法

ではどうやって知ってもらうか?

業態にもよりますが、やはりチラシ・ポスティング・タウン誌・ネットなどが
メジャーな方法でしょう。

 

ネットに関しては、今はスマートフォンが重要ですね。

 

すでに多くのビジネスでは、PCよりもスマホでの検索のほうが
検索数が多くなっています。

その時、スマホ対応していないページだと、
とても読みづらいのです。

結果として、アクセスしてもらってもすぐに離脱してしまい、
成約には結びつかない、ということになります。 

 

チラシ・ポスティングに関しては、

「やっても効果が無い」

という方も多いと思いますが、チラシの役割を明確にすればそんなことはありません。

 

間違いなのは、チラシで売ろう、儲けようとすること。

紙一枚でそれはなかなか難しいです。

 

チラシの役割はあくまで集客。

お店にお客を集め、販売はその後、と考えましょう。

 

エリアビジネスはある種ターゲットが決まっているわけですから、
やるべきことは決まってきます。

 

是非しっかり取り組み、成果を出しましょう。

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright © 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.