小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > キャバ嬢に学ぶ顧客アプローチ法

キャバ嬢に学ぶ顧客アプローチ法

2012.11.28 更新


キャバクラに行ったことのある男性は多いでしょう。

というか、行ったことの無い人のほうが少ないでしょうか。

 

この記事を読んでいるのは経営者の方が多いでしょうから、付き合いで行ったことがある人はたくさんいるでしょう。

 

私も、率先しては行きませんが、行ったことはあります。

 

 

◆キャバ嬢が連絡先を知りたがる理由

さて、いわゆるキャバ嬢という人達は、名刺を欲しがったり、メアドを交換したがったりしますよね。

 

当然ご存知のように、あなたのことを本気で好きになって連絡がとりたい、わけではありません。

 

「またお店に来てね」

 

という連絡をするために、連絡先を交換するのです。

 

 

ごくごく当たり前のことですが、実はこれはビジネスの大原則に沿った非常に重要な行動です。

 

 

◆新規ではなくリピートを増やす

新規のお客が来店して、自分が接客にあたって、たまたま良いお客だったのでたくさんお金を遣ってくれて・・なんてことを期待していても、毎度そううまくいくわけはありません。

 

ではどうするかというと、一度会ったお客の連絡先を聞き、アプローチをするわけです。

 

そして、再度来店してもらう。

 

 

フラッと入ったキャバクラで、ちょっと良い子がいたとしても、日々の仕事に追われているとなかなかもう一度行こうとは思わないでしょう。

 

そうしているうちに、忘れてしまう。

 

それが、ふとした時にその時のキャバ嬢からメールが来て思い出したら、

 

「お、久々行ってみようかな」

 

と思うかもしれません。

 

少なくても、何もせずぼーっと待っているのに比べれば、はるかに売上に繋がることは簡単に想像できるでしょう。

 

 

と、いうわけで、どんなビジネスにおいてもこれは活用すべき顧客アプローチ法なのです。

ビジネスは新規客だけを追い求めるのではなく、リピートをしてもらうことにより利益を産むものです。

 

キャバ嬢がやっていることをやっていない経営者が多いことは嘆かわしいですが、今からでも是非始めてみてください。

 

 

◆連絡時の注意点

なお、注意点があります。

 

それは、

 

「来店してね」

 

というメールしか送ってこないような子には、誰も寄りつかないということです。

 

キャバ嬢のメールも、

 

「来てね」

 

だけではなく、

 

「お?この子、俺に気があるのかな?」

 

なんてちょっと期待させるようなものであることが多いでしょう。

※私はキャバクラにほぼ行かないので詳しくありません。念のため。

 

もらうのが楽しみになるようなメールだからこそ、次につながるのです。

 

したがって、あなたもお客に対して

 

「来店してください、買ってください」

 

だけしか伝えていないようなアプローチをしてはいけません。

 

顧客との関係を作る。

顧客が喜ぶ。

 

そんなアプローチをしてみてください。

そうすれば、必ず売上に繋がります。

 

 

店舗ビジネスでお客さんを集める方法を【無料で】公開中。詳細はこちら


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.