小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 売上対策のためにすべきこと・・値上げを考える

売上対策のためにすべきこと・・値上げを考える

2012.06.29 更新


売上を上げるための売上対策として、まず何から手を付ければ良いでしょうか?

多くの方は、「お客を集めよう」とします。

実は、この売上対策の順番は、
あなたの会社が現在どのようなステージにあるか、によって違います。

もしあなたの会社がまだ設立したてで客数が少ないのであれば、
やるべきことは集客で間違いありません。

お客さんがいなければ、何もできませんから。

しかし、もしそれなりにお客さんがいて、忙しい。
でも儲からない・・という場合。

その場合にすべきことは、
新規集客ではありません。

なぜ忙しいわりに儲からないのか?

原因を突き止める必要はありますが、
考えられる対策としては

・客単価アップ
・リピート数アップ

この2つです。

特に、客単価アップ・・さらに言うと、値上げがベストの解決策の
可能性が高いです。

 

値上げをすることで、値上げ分はまるまる利益になります。

つまり、労力はまったく変わらず、利益だけが増えるのです。

このインパクトは、「集客」では決して実現できません。

しかし、
「値上げなんてしたら、お客が減ってしまう!」
と考える方も多いでしょう。

確かに、一般的にはお客は減ります。

しかし、減るとなぜ問題なのでしょう?

売上が下がる?
利益が減る?

本当でしょうか?

まず、値上げをしたことによるお客の減少をシミュレーションしてみましょう。
そして、値上げ後の粗利がどれくらいになるのか?
計算しましょう。

「お客が減っても、粗利は増える」

という可能性は十分にあるのです。

であれば、粗利は増え、お客が減ることにより
忙しさも緩和されます
(その分、他のお客へのフォローを充実させることもできる)
から、結果としては経営状況は良くなる可能性が高いです。

おそらく、値上げに強い抵抗のある方も多いでしょうけれど、
「絶対無理!」と考える前に、
値上げしたらどうなるかを考えてみてはいかがでしょうか。

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.