小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > コストをかけず一瞬で利益を上げる方法

コストをかけず一瞬で利益を上げる方法

2019.06.19 更新

今回は、どうやって利益を増やすか?

ということについて考えてみたいと思います。

 

私はコンサル先の社長から

様々な相談を持ち掛けられるのですが、

その中でも、利益の増加の手法について聞かれることが多いです。

 

これはある社長の話なのですが

・業種は、某パーツの卸、小売りで取引先は多数。

・社長と奥さんの2人だけの小さな会社。

・年商は約5,000万、粗利は約30%で1,500万ほど。

・社長は毎日0時を回るくらいまで仕事をしているが、忙しいわりに儲からずそれほど余裕はない。

 

社長としての仕事をしないといけないと分かってはいるものの手を付ける時間もない、という状況です。

 

そこで私が、この会社にこんな提案をしてみました。

 

一瞬で実行できて

コストがかからず

かつ社長の働く時間も減らせる

 

さて、どんな方法かわかりますか?

 

利益増について会社に私が提案したのが・・・

 

ズバリ「値上げ」です。

 

現状ですでに忙しい会社では、いくら新規で集客しても

もっと忙しくなるだけで、すぐキャパオーバーになります。

ですが、値上げなら仕事量は増えずに利益だけ増やせます。

 

ちなみに、社長には5%の値上げを提案してみました。

5%値上げすると、単純に5,000万円の5%、250万円が丸々利益になります。

 

集客をして5%の売上を上げるのとは、全く意味が違います。

集客をするということは販売数が増えるわけで、

販売数が増えるということはそれだけ原価も増えます。

 

同じ5%の売上アップでも、手元に残る利益は大きな違いが出ます。

ですので、値上げは超オススメです。

 

値上したら、お客が減って売上も減るのでは?

 

値上げの話をすると、抵抗感を示す社長は多いです。

それに対する答えですが、

・5%の値上げくらいで客数は減らないことのほうが多い

・そもそも5%の値上げくらいで客離れするようなビジネスはNG

・仮に客が減って、売上が落ちて何か問題ありますか?

 

ということです。

 

 

結論、お客が減っても、売上が下がっても良いのです。

粗利が確保できていれば。

 

例えば、現在は年商5,000万円、粗利は30%で1,500万円です。

値上げにより、粗利率が35%になりました。

これで、もしお客が減り売上が4,300万円になったとしましょう。

 

年商が5,000万円→4,300万円になるとすると

ヤバい!と思うかもしれません。

 

しかし、年商4,300万円でも、値上げにより粗利率が35%になっていれば、

最終的な粗利は1,500万円です。

値上げ前と変わりません。

 

しかも、客数が減っているわけですから、当然対応する時間も減ります。

減った時間で、人を育てるとか、集客の仕組みを作るとか、

色々できることが増えます。

 

そうすれば、「忙しいけど儲からない」

というスパイラルを抜け出すことができます。

 

必要なのは、たったの5%値上げする勇気をもつだけです。

 

もし5%値上げして、お客が激減するようであれば、

残念ながら今のあなたのビジネスはそもそも価値が無いでしょう。

 

まあ、一社専属の下請けで、価格交渉すらできないという状況であれば

値上げも難しいでしょう。

ただ、それもやはり、一社の専属という状況がそもそも問題なわけです。

 

是非、値上げにチャレンジしてみてください。

それだけで人生変わるかもしれませんよ。

 

 

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2019 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.