小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > お客が欲しいものを知るために・・お客の悩みを聞く

お客が欲しいものを知るために・・お客の悩みを聞く

2013.12.01 更新

節税の悩み画像

売上を上げたい、という場合に、まず考えなければいけないのは

「お客が欲しいものは何?」

 

ということです。

 

それを考えずに、

「自分が売りたいものを売る」

という経営者は非常に多いのですが。

 

買ってくれるのはお客ですから、お客が欲しいものを提供するのが基本となります。

 

では、お客は

「こんな商品が欲しい!」

と声を上げてくれるかと言うとそんなことはありません。

 

そもそもお客自身、自分が欲しいものを分かっていない場合もあります。

 

では、お客が欲しいものとは何でしょうか?

 

 

考え方として、出発点は

「お客の悩みや願望は何か?」

を考えましょう。

 

人は、

「ある商品そのもの」

が欲しくて商品を買うわけではありません。

その商品やサービスがもたらしてくれるものが、自身の悩みを解決してくれたり、願望を満たしてくれるから買うのです。

 

であれば、出発点としてお客の悩みや願望を知ることが重要です。

 

悩みや願望を知ることができれば、次に

「私の商品・サービスは、あなたの悩みや願望を解決できます」

と伝えれば良いのです。

 

「悩みや願望を解決してくれる」

と伝われば、購入してもらえることでしょう。

 

 

では、お客の悩みや願望はどのようにすれば知ることができるでしょうか。

 

これは、ずばりお客(あるいは見込み客)に聞けば良いのです。

現時点でお客がいなければ、「あなたのライバルのお客」に聞くという手もあります。

 

何にせよ、あれこれ想像する前に、実際にお客さんやお客さん候補に聞くのが手っ取り早いでしょう。

 

そして、そのお客が興味を持つような、

「この商品なら悩みを解決してくれそう」

というメッセージを作りましょう。

よほど特殊な悩みでなければ、同じ悩みを持っている人は沢山いるはずです。

 

 

繰り返しになりますが、スタートは

「お客の悩み・願望は?」

です。

 

「どうやったら売れるか?」を考える際には、まずここから考えることを癖にしてみましょう。

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.