小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 3つの数字「客数」をさらに分解してみる

3つの数字「客数」をさらに分解してみる

2012.11.28 更新


「売上を2倍にするための3つの数字」については以前お伝えしました。

客数×客単価×リピート数ですね。

まあ2倍に関わらず売上を上げるために必ず頭に入れておかないといけない公式です。

今回はこの3つのうち、客数について掘り下げてみます。

 

客数といっても、ひとくくりに表すことはできません。

客数をさらに分解してみると、次のようになります。

客数= 既存のお客 + 新規のお客 - 流出客

既存のお客とは、すでに今までにあなたから商品を購入したことのあるお客ですね。

新規客とは、初めてあなたから商品を購入してくれる人です。

流出客とは?これは、今までにあなたから商品を購入してくれたが、ある時から購入してくれなくなり、その後も戻ってきてくれない人のことです。

流出の理由はさまざまです。

引っ越してしまったり、

なんとなく来なくなったり、

亡くなってしまったり、

もちろんあなたに不満があり来なくなることもあります。

理由はさておき、お客というものは放っておけば必ず流出=減少してしまいます。

お客を増やす、というと新規客を集めることばかりに目が向きがちですが、流出を食い止めることをまず考えなければ、穴の空いたバケツに水を貯めるようなものです。

まずあなたのお客の中で年間どれくらい流出しているのか、そしてその原因は何かを把握しましょう。

 

そして、注意しなければならないのは、新規客や既存客、あるいは流出客を食い止めるための方法は全く違うということです。

新規客を集めるための、いわゆる集客の方法では、既存客のフォローや流出客の食い止めはできません。

ホームページを作ったり、

チラシを撒いたり、

FAXDMを送る

というのは基本的に新規客を集める方法です。

既存客のフォローや流出客の食い止めにはまた別の方法を使う必要がありますので、混同しないようにしてください。

 

もちろんそれらの方法もまた後日しっかりお伝えします。今日は客数をさらに分解して考える、ということを理解していってくださいね。


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright © 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.