小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > リピーターを増やす最も簡単な方法

リピーターを増やす最も簡単な方法

2014.08.18 更新


リピーターを増やす最も簡単な方法をご紹介します。

 

良い商品を提供する。

良い接客をする。

感動を与える。

サプライズを提供する。

 

そんなことではありません。

 

まず、良い商品やサービス、接客などは当たり前の話です。

このご時世、そこが劣っていては、そもそも話になりません。

 

とはいえ、ものすごいハイレベルである必要もありません。

 

要するに、一般的に満足してもらえるレベルであればOKです。

 

 

では、そのような普通のレベルの会社、お店がリピートしてもらうにはどうしたら良いでしょうか?

 

 

感動やら、サプライズやらは誰でもできるわけではありません。

また、そのような行動を好まないお客もいるでしょうし、皆が同じことをやっていたら正直

「またか」

となるだけでしょう。

 

※ちなみに私は飲食店で突然始まる「誕生日のお客へのサプライズお祝いイベント」にうんざりしています。

他の、見知らぬお客の誕生日を一緒に祝えと言われても・・

 

そういう、特別なアクションではなく、誰でもできるリピーター増加の施策です。

 

 

◆思い出してもらう

 

正解はシンプルで、

 

「思い出してもらう」

 

ことです。

 

 

お客がリピートしなくなる大きな理由は、

 

「忘れられてしまう」

 

ことです。

 

したがって、忘れられないようにする、思い出してもらう、だけでリピートは増えます。

単純な話です。

 

 

もちろん、思い出してもらったところで、それが最悪な思い出であれば、当然リピートはしません。

が、普通に満足してもらえるレベルであれば、必ず一定数はリピートしてくれるはずです。

 

 

考え方としては、

①既に何かしらのニーズがあるときに、自分もその選択肢に入れてもらう

か、

②ニーズ自体を忘れているときに、ニーズごと思い出してもらう

 

ということです。

 

①の例としては、

 

お客が

「お腹が空いたので、どこかで何か食べたい」

と思っているときに、あなたのお店が選択肢に入るようにする、ということです。

 

「何か食べたい」

というニーズがあるときに、あなたのお店が選択肢に入っていなければ、そもそも選ばれようがありません。

 

忘れられていては、選択肢に入らないのです。

 

もしそこであなたのお店を覚えていれば、選択肢には入るでしょう。

一定確率で、あなたのお店が選ばれる、ということです。

 

 

②の例としては、例えばあなたが、昔はよくエステに行っていたとしましょう。

が、いつの間にか、何らかの理由で行かなくなった。

 

仕事が忙しいのか、子育てするようになったのか、理由は人それぞれでしょう。

 

そこに、昔よく行っていたエステから、またお知らせが来れば・・タイミングが合えば、

「また行ってみよう」

と思う人はいるでしょう。

 

そのきっかけがなければ、自分から思い出して再度エステに行く、という人は圧倒的に少ないはずです。

 

 

このように、

「思い出してもらう」

「覚えていてもらう」

というのは、リピート客を増やすには非常に重要なことです。

 

 

◆思い出してもらう方法

 

思い出してもらう方法も、シンプルです。

 

それは、

 

「定期的または頻繁に連絡する」

 

です。

 

では、どれくらいの頻度で連絡すれば良いでしょうか?

 

答えは

 

「多ければ多いほど良い」

 

です。

 

例えば、あるマーケティング教材の販売会社は、今まで週刊で発行していたメルマガを日刊、つまり毎日にしたら、それだけで売上が数倍になったそうです。

 

また、ある靴のネットショップも同様に、メルマガの回数を増やしただけで、売上が数倍になったそうです。

 

連絡の頻度と、売上アップには確実に関係があります。

 

理由としては、ここまでお伝えしてきたように

「忘れられない、覚えていてもらえる」

から。

 

そしてもう一つ、お客が「欲しい」と思ったタイミングにちょうど合う可能性が高まるからです。

 

いくら覚えていてもらっても、お客が「欲しい、買いたい」と思っていなければ、買ってはもらえません。

 

連絡の頻度が多いということは、そのタイミングに一致する可能性が高まる、ということです。

結果として、売上が上がる、ということです。

 

 

◆連絡する際に伝えるべき情報

 

とはいえ、どんな内容でも良いから連絡を取れば良い、というものではありません。

頻繁に連絡することの問題点は、

 

「多過ぎるとうるさがられる」

 

ということです。

 

まあ、確かに毎日のように売り込みのDMが来たら、それはもう迷惑行為でしかありません。

メールなら、スパムですよね。

むしろ嫌悪感を抱かれてしまいます。

 

 

ですが、例えば新聞は毎日来てもうるさくないし、新聞が毎日来るのは当然ですよね。

 

この違いは何でしょうか?

 

 

それは、

 

「有益な情報、お客が欲しいと思っている情報を届けているか」

 

です。

 

お客は、売り込みの情報ばかり欲しいとは思っていません。

が、自分に役立つ、面白い情報なら、むしろ歓迎してくれるでしょう。

 

この違いが分からず、毎回

 

「〇〇%引きです!」

「新製品です!」

 

とやっていては、お客の反応は鈍くなります。

※それでも忘れられない、という効果はあります。

 

◆あなたのビジネスでの活用法

 

では実際あなたがどれくらいの頻度で、どんな情報を送れば良いかというと・・

 

正直、ビジネスによって違います。

 

例えば飲食店であれば、毎日のようにニーズはあります。

が、住宅販売会社であれば、不動産は一生に一度買うか買わないかですから、毎日連絡する意味はあまり無いかもしれません。

 

では飲食店が毎日お客全員にDMを送るべきかというと、そんなことをしていてはコスト倒れになりますし、そんな労力はかけられないでしょう。

 なので、方法としてはメールなどのコストがかからない方法を利用するべきでしょう。

 

逆に住宅販売会社なら、一度売れれば多くの利益が取れますから、もっとコストをかけてアプローチしても良いでしょう。

 

結局、それぞれのビジネスに合わせてアクションを起こすべき、ということです。

 

 

とはいうものの、あらゆるビジネスに使える非常にシンプルなこの考え方、ご理解いただけたでしょうか。

試してみてください。

 

 

もっと集客・売上アップの方法を知りたい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.