小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 事業再生の秘訣 > 資金繰りの重要性・・小さな会社も怠らない

資金繰りの重要性・・小さな会社も怠らない

2013.06.11 更新


資金繰りをしているでしょうか?

 

 

と、突然質問してみます。

 

 

回答はおそらく三種類、

 

①資金繰り表を作ってしっかりやっている

②頭の中でできている

③資金繰りって何するの?

 

こんなところでしょうか。

 

おそらく、小さな会社の経営者は大抵②ではないかと思います。

次に③。

①はほとんどいないでしょう。

 

◆資金繰りとは

資金繰りとは、文字どおり「資金」の動きをみることです。

 

何か月後にいくらの入金があり、その前にいくらの支出がある。

だから、○○円足りなくなりそうだ。

 

あるいは、毎月○○円ずつ出金が入金を上回っている。

このままでいくと○か月後には資金が足りなくなる。

 

などなど。

 

 

資金繰りは、「利益」とは関係ありません。

 

決算書を見て、いくら利益が出ていても、資金は足りなくなることがあります。

 

例えば、利益は出ていても、そこから税金を払わなければなりません。

 

銀行の返済は、利益とは無関係です。

ローンで購入したものの支払も、利益とは無関係な支出の場合があります。

 

 

小さな会社の社長は、

「この仕事をすれば○○円儲かる」

というところは考えていても、その後数か月後にどんな支出があり、
いくら用意しておかなければならない、というところまで考えるのは苦手な方が多いようです。

 

だからこそ、資金繰りをしっかりする必要があります。

 

 

◆資金繰り表を作りましょう

 

資金繰りは「資金繰り表」というものを使います。

通常は一か月ごとのものですが、資金がひっ迫してくると、日毎の、「日繰り表」を使います。

 

○か月後ではなく、○日後の資金を把握するためです。

 

日繰り表を作るとなると、日々の資金がかなり厳しい状況ですから、日々かなりハラハラすることになります。

2週間後の資金が足りない!と慌てることになります。

 

 

しかし、まずはこのようにしっかり数字で管理することが重要です。

 

数字で明確にすれば、

いくら足りないのか?

そのためにストップすべき支払は?

あるいはそのために調達すべき資金は?

調達する方法は?

売り上げを上げるなら、いくら必要か?

そのためには、どんなアクションをするべきか?

 

などが明確になるからです。

 

社長の頭の中だけで勘定していると、細かいところまで気が付かないため、資金不足ギリギリになって

「足りない!どうしよう!」

となってしまいます。

 

 

また、資金管理の感覚をつかむのはもちろん、このように数字に触れていれば、
段々と経営の計画作りにも慣れてきます。

 

 

今月○○円必要だから、あの仕事を請けて、あそこに営業して・・と、先のことを考えるようになります。

 

このように、資金繰り表を作るのは、

「数字嫌い」

を脱却し、経営数字間隔を身に付ける第一歩です。

 

まずは資金繰り表を作成し、数字をしっかり把握する癖をつけましょう。

 

 

※資金繰りのひな形などは、別の機会でお伝えします。

 

 

資金繰りに困る前に業績を上げたい!という方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.