小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 商品を変えずに売上が4倍になった例

商品を変えずに売上が4倍になった例

2015.06.04 更新


集客ストップ

もともと私は朝は4:30頃に起きて、6時には電車の中で読書やPC作業、7時には事務所で仕事を始めるようにしていました。

昨日は眠かったので夜早めに寝て、今朝は起床が3:30でした。

ついに3時台に突入しました。

朝なのか深夜なのか微妙なラインです。

ちなみに朝は静かだし集中できるし涼しいし、仕事するには最高ですよ。
本当にお薦めです。

 

・・で、今回のお話はといいますと、この「時間」について。

 

ある畳屋さんの話です。

もともとはどこにでもある畳屋で、売上低迷に苦しんでいました。

この畳屋さん、「あること」をして、一気に売上が4倍になりました。

 

その「あること」とは何でしょうか・・。

 

 

答えは、「24時間営業にした」

です。

 

どういうことかといいますと、畳屋の顧客には、飲食店などの店舗があります。

このような店舗が昼間に畳を替えようと思うと、どうしても店を休まないといけないわけです。

お客がいるのに畳を替えるわけにはいかないですからね。

 

それが、この畳屋さんに頼めば、営業終了後に作業をして、次の日には何事もないように営業できる。

これが大ヒットして、売上が4倍になったというわけです。

 

もう一つ事例を。

 

日本の会社が(まあ何でも良いのですが、例えば事務作業など)アメリカの外注に仕事を頼むことがあります。

アメリカ人の外注スタッフとなると、決して安くありません。

アジアなど人件費が安い国に頼めば良いものを、あえてアメリカに頼む、ということがあります。
当然、単価は高いです。

 

なぜあえてアメリカの外注に頼むのでしょうか?

 

これも答えは「時差」にあります。

つまり、アメリカと日本の時差を利用して、日本からアメリカに夜に作業を依頼するわけです。

日本では夜中、スタッフが帰って寝ている間、アメリカではバリバリ仕事をしている時間なんですね。

これにより、日本から夜仕事をお願いすると朝にはできている、という状況になるわけです。

 

いかがでしょうか?

やっていることは全く変わらなくても、営業する時間を変えるだけでも仕事になる、という事例です。

他にも、歌舞伎町で夜中のみ営業する歯医者さんの例なんかもありますね。

 

別に、

「24時間営業にしてください」

「夜中営業にしてください」

という意味ではありません。

それは大変ですからね。

 

ただ、もし今の営業時間が、なんとなく決められたものだったら?

「この業界はどこも朝9時~18時営業、土日は休みにしている。だからうちも。」

になっていませんか?

お客のニーズはどうですか?
仕事後の夜間のほうが都合が良いという声はありませんか?

 

集客だけではありません。

例えば

「作業スペースが足りなくて、これ以上人を増やせない」

という悩みがあったとしましょう。

単純に広い場所に引っ越しますか?

それはかなりのコストがかかります。

 

その作業スペースは、夜中は誰も使っていないのでは?
時差出勤はできませんか?

 

「優秀な人が雇えない」

という悩みがあるとします。

昼間は別の仕事をしていても、夜だけ働きたいという人はいませんか?

その人を夜だけ雇う環境を作ることはできませんか?

 

色々、考えてみる余地はあるでしょう。

 

ITが発達するにつれ、仕事の場所や時間というものがかなり柔軟になってきています。

 

是非、固定観念にとらわれない発想をしてみてください。


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright © 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.