小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 効果的な表現のテクニック・・「数字」を出す

効果的な表現のテクニック・・「数字」を出す

2013.04.26 更新

このブログは「人気ブログランキング」のマーケティング・経営部門に登録しています。

 

現在、5位~15位くらいを行ったり来たりです。

 

 このバナーをポチっとすると皆さんから一票が入り、

その票数により順位が上下する仕組みですので、何卒ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

先日、あるカフェに行ったとき、このようなPOPを見ました。

 

「ビール 2℃に冷えてます」

 

なかなか良い表現だな、と思ったので記事にしてみました。

 

「ビール冷えてます」

というのに比べ、具体的に2℃という数字を出すことで

「より冷えている感」

が伝わると思いませんか?

 

 

◆具体的な数字を出す効果

広告の表現のテクニックとして、このように具体的な数字を出す、というものがあります。

 

「大勢の方にお買い上げいただいています」

「通算9,826人がお買い上げです」

 

 

「断然お買い得です」

「2,000円もお買い得です」

 

 

「ライス大盛り」

「ライス400グラム」

 

と、いった感じです。

 

漠然とした言葉に比べ、よりリアルに想像できるので、イメージが伝わりやすくなります。

 

 広告を出すときには、是非知っておいていただきたいテクニックです。

 

 

◆広告だけのテクニックではありません

 ・・そして、現在特に広告は出していない、という方も。

 

 「自分には関係ない」

 

と思わないでくださいね。

 

要するに、これは「お客が感じる心理」の問題です。

 ですので、別に広告のキャッチコピーだけでなく、営業のトークの際や、
お客との普段のやりとりの中でも使えるということです。

 

営業トークの中で、

「この商品はなかなか入荷しないんですよ」

と言うところ、

 

「この商品は次の入荷は90日後ですよ」

と言うほうがよりリアルに希少感が伝わりますね。

 

既存のお客さんへのフォローの中で、

「あなたのようにしっかり弊社の商品を活用しているお客様はほとんどいません」

 

と言うより、

「あなたのようにしっかり弊社の商品を活用しているお客様は、全体の1%もいません」

と言ったほうがより特別感が伝わりますね。

 

具体的な数字が与える心理的な影響というものを是非覚えておいてください。

 

 

◆お客の心理を理解することが重要

さて、

「お客の心理」

の話を出しました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、マーケティングや営業では、
「お客の心理」という要素が非常に重要です。

 

結局、商品やサービスを売るためにはお客に

「欲しい、買おう」

という感情をもってもらうことが必要なわけです。

 

突き詰めれば、どうすればお客に

「欲しい、買いたい」

と思ってもらうか。
そのための行動がマーケティングと言っても過言ではないでしょう。

 

だからこそ、自分のお客はどんな人で、どんな悩みや願望を持っているかを考えることが非常に重要なんですね。

 

心理学を勉強するべき、とは言いませんが、
ビジネスをする上でお客の心理というものが非常に重要である、ということは覚えておいてくださいね。

 

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2019 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.