小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 事業再生の秘訣 > 資金がショートする・・まずは返済の見直しを

資金がショートする・・まずは返済の見直しを

2012.12.27 更新


銀行からの借り入れの返済、従業員の給料、仕入代金の支払い、社会保険料、税金・・

 

今月末の支払がいよいよできなそうだ、銀行からの追加の融資も受けられない。

という場合の対処法です。

 

前回、支払に優先順位を付ける、という話をしました。

 

順番は、次のとおりでしたね。

 

①    従業員の給与

②    仕入先、外注への支払

③    その他経費の支払

④    税金、社会保険料

⑤    金融機関への返済

 

そうすると、まず最初にストップするのは、金融機関への返済です。

 

その際、基本的にはリスケジュールという方法を検討します。

リスケジュールとは返済条件の見直しをするという意味で、金融機関と合意の上で元金の返済を減額・ストップしてもらうものです。

単に「払えないから延滞します」ということではありません。

 

リスケジュールの効果としては、最も多いのが「6か月間・元金の返済をストップ・利息のみの支払」というパターンでしょうか。

 

毎月、利益は出ているものの金融機関への返済が大きいために資金繰りに窮しているような会社の場合、
リスケジュールのみでとりあえずは危機的状況を脱出できるケースが多いです。

 

ただし、あくまで期限を決めて返済を据え置きしてもらっているだけですから、「返済が無くなった」と安心していては何の解決もしません。

リスケジュールの期間の間に、リストラ(コスト削減)や売上アップなど業績改善をしなければ、
返済が再開した際にはやはり払えません、ということになってしまいます。

 

リスケはゴールではなく、再生のためのスタートだということをしっかり認識してください。

 

さて、リスケをご存知なかった方の中には、「元金据え置きなんて、本当にそんなことできるの?」と思う方もいるかと思います。

金融庁の資料によりますと、平成24年9月時点での速報値は、
3,698,079件のリスケ申込みのうち、3,437,155件で実行されています。

これは申込みをした件数の97.4%に達します。

また、実行されなかった案件についても、審査中であったりなんらかの理由で取り下げをしたものがほとんどですので、
事実上、しっかり準備をして申込みをすれば、リスケには応じてもらえると考えて良いでしょう。

 

もしあなたが「金融機関に返済ができない・・」と悩んでいるのでしたら、リスケジュールという方法があること、
現状それがほぼ認められるという事実をしっかり覚えておいてください。

くれぐれも闇金に手を出そうなどとしてはいけません。

 

このテーマは続きます。

 

あなたの事業を立て直すための方法を無料のメール講座でお伝えします。

下記をクリックして、講座を受け取ってください。

バナー_813_image003


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.