小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 客単価アップにつながるお通し

客単価アップにつながるお通し

2013.06.11 更新


このブログは「人気ブログランキング」のマーケティング・経営部門に登録しています。

 

さぼっていたら、現在、25位くらいまで落ちてしまいました。。

 

 このバナーをポチっとすると皆さんから一票が入り、

その票数により順位が上下する仕組みですので、何卒ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

先日飲みに行った居酒屋で、秀逸なメニューがあったのでご紹介します。

 

 

メニューというか、お通しなのですが。

 

 

その店は多国籍の創作料理屋で、まあいろんなメニューがあるのですが、
お通しが「チーズフォンデュ」だったのです。

 

「チーズフォンデュ」

 

ご存知でしょうか?

 

 

鍋にチーズを入れて熱し、溶けたチーズに色々な食材を漬けて食べる料理です。

 

 

何が秀逸かというと、美味しいとかそういうことではありません(美味しかったですが。)

 

 

お通しとして出たチーズフォンデュについていたのは、数切れのパンでした。

一人2~3切れしか食べれません。

 

まあお通しなので適量でしょう。

 

当然、鍋にはまだたくさんチーズが残っている。

 

勿体ないし、美味しかったのでもっと食べたい!

 

そしてチーズフォンデュは、チーズに色々な食材を漬けて食べるものなので、
単品メニューとして「漬ける食材」が他にもあったのです。

 

美味しいし、チーズが残っていてもったいないし、追加メニューもあるし・・

そうなると、追加注文するお客が大勢いることでしょう。

 

 

ちなみに私は、ちゃんとしたチーズフォンデュを食べたのは多分初めてで、
こんなに美味しいとは思いませんでした。

 

多分、自分では率先して頼むメニューではなかったでしょう。

それほどチーズ好きではありませんし。

 

 

何が秀逸かまとめますと、

 

①お通しとして出したものが、もう一品追加で頼みたくなるようなメニューになっていた

 

②お通しとして、「お試し」できるようになっていた

 

この2点です。

 

チーズフォンデュは、おそらく男性が率先して頼むメニューではないのですが、
お通しとして出すことで「お試し」してもらう役目になっています。

 

そして美味しければ、すぐ追加で注文できるようなメニュー。

 

よく考えられていると思いませんか?

 

なんとなく「枝豆」とか「塩辛」とかをお通しとして出すよりも、売上に貢献しているはずです。

 

 

今回は居酒屋の例だったので飲食店向けの話になってしまいましたが、

 

①もう一点追加注文したくなるような仕組み

 

②まずは体験してもらい、良さを知ってもらう

 

この考え方は、飲食店だけのものではありません。

 

 

あなたのビジネスに応用できないか、是非考えてみてください。

 

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.