小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 売上向上のための「選択基準」の伝え方

売上向上のための「選択基準」の伝え方

2013.04.10 更新


今日ニュースを見ていたら、

「本屋大賞」

について放送していました。

 

本屋大賞というのは、

「全国の書店員が選んだ、お客さんに読んで欲しい本」

に贈られる賞だそうです。

 

本屋の店員さんが投票して、お客さんに最も読んで欲しい本を決める、という賞です。

 

今年で既に10回目で、この賞に選ばれた本はベストセラーになる、
というほど影響力があります。

 

芥川賞を取るより、こちらの賞を取るほうがよほど売れるらしいので、
最近は作家が書店員に接待まがいのことをしているとかなんとか。

 

 

そして、ニュースの中で、
大賞になった本を買っているお客さんにインタビューをしていたのですが、
その中でお客さんが

「大賞になった本は必ずチェックしています。選ぶ基準になるので」

と言っていました。

 

 

◆「選択基準」を伝えることで売上アップにつながる

 

「選ぶ基準」

 

とても印象に残る言葉です。

マーケティングの世界では、「選択基準」ということが多いです。

 

この「選択基準」という考え方は、売上アップのためにも非常に重要です。

 

なぜなら、お客に選択基準を示し、かつ自分の商品はその基準をクリアしている、
と伝えることで、買ってもらえる可能性が高まるからです。

 

もし選択基準がお客に伝わらなかったら・・
例えば、Aという商品とBという商品があるとしましょう。

 

お客にとっては、AもBも違いが良くわからない。

どちらが、より自分にとって価値を提供してくれるものかわからない。

 

そうなると、普通は単純に安いほうを購入するでしょう。

違いがわからなければ、安いほうを買うのは当然ですね。

 

では、選択基準を示してあげるとどうなるでしょう。

 

「Aという商品とBという商品は、一見同じだが、実はこんな違いがあります。

そして、これは○○なお客さんに○○な効果があります」

 

このように伝えれば、値段だけで選ぼうとはしないはずです。

 

お客にとって、値段以外に判断する材料があるのですから、
総合的に考えて、購入するかしないかを決めるでしょう。

 

そして、今回のこの本屋大賞では、

「全国の書店員が読んでほしいと思うほど面白い」

という選択基準を提供しています。

 

これが無ければ、おそらく年間数万冊は出版されるであろう本の中で、
その本が選ばれる可能性は著しく低くなります。

内容は同じであるにも関わらず、です。

 

 

◆選択基準を作りましょう

 

素晴らしいのは、この賞はもともと書店の店員さんの有志数名から始まった、ということです。

 

自分達で選択基準を作りだし、その結果売上アップに大きく役に立っているわけですから
(もともと売ろうという目的ではなく、単に自分達の本への想いから始めたのかもしれませんが)。

 

 

ほとんどのビジネスでは、このように選択基準を示していないのではないでしょうか。

そして、「売れない」「安いものしか買ってくれない」

と嘆いているのではないでしょうか。

 

自分達のビジネスで、選択基準を伝えることができないか考えましょう。

 

 

◆選択基準の作り方

 

ただ、

「うちの業界では本屋大賞なんてものはないし、そもそもうちの商品は選ばれない」

と考える方も多いでしょう。

 

別に、日本一の賞を取ってください、というわけではありません。

 

選択基準を伝えましょう、無ければ自分達で作りましょうというのが今回の趣旨です。

 

 

例えば、店内ランキング。

 

「これがうちのお店で一番売れている商品です」

充分選択基準になりますね。

 

「スタッフの投票で、一番人気の商品」

店長のオススメ!よりも、もっと説得力があると思いませんか。

 

もっと広く行いたいのであれば、地域の同業者と組んで簡単なイベントをしても良いでしょう。

 

日本一である必要は無いのです。

 

「この商品は、私にとって価値があるのだ」

と伝えることができれば、買ってもらえる可能性は高まるのですから。

 

 

選択基準は一つではない

 

なお、今回は「選択基準」のうち

「他の人がお勧めしている」

という基準についてフォーカスしてお伝えしました。

 

選択基準は、これだけではありません。

他にももっとたくさんの基準があり得ます。もちろん安さもそうですし、品質もそうでしょう。

歴史の長さも基準になります。

 

また別の機会でお伝えしてみたいと思いますので、お楽しみにしていてください。

 

まずは、今回の話をしっかり理解してくださいね。

 

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 


業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (C) 2013 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.