小さな会社のための売上向上、事業再生のコンサルティング

株式会社あおい総合研究所

funsグループ

業績アップの秘訣 経営のお悩み解決のヒントを無料で公開中

ホーム > 業績アップの秘訣 > 売上アップの秘訣 > 差別化のための3つの方法と、零細企業がとるべきモデル

差別化のための3つの方法と、零細企業がとるべきモデル

2013.01.13 更新

「差別化」が重要ということは、あなたも良くご存知でしょう。

競合と差別化ができていないと、お客はどちらを選んで良いかという判断ができず、
それならば安いほうを、となってしまいます。結果として価格競争に陥ります。

逆に言えば、他にはない自社だけの価値を提供できれば、低価格でなくても買ってもらえるということです。

 

しかし、

「どのように差別化すれば良いのかわからない」

という声は非常に多いです。あなたもそう思っているのではないでしょうか。

 

今回は差別化のための手法をご説明します。

 

 

差別化ポイントは基本的に3つしかありません。

 

①高機能、高品質

②低価格、効率性

③顧客との関係性

 

 これをわかりやすく寿司屋で表現すると、

 

①→銀座の寿司屋

②→回転寿司

③→近所のなじみの寿司屋

 

ということです。詳しくみてみましょう。

 

まず①の、銀座の寿司屋モデル。

ネタも最高級、職人の腕も超一流、そして値段もめちゃくちゃ高い。

とことん品質を追求し、それに見合った対価をもらうモデルです。
このモデルでは、何よりも高い価値を提供できる資源を持っているか、が重要です。
他よりも圧倒的に良い品質のものを提供できるなら、このモデルで差別化が可能でしょう。

 

次に②の、回転寿司。

価格は安く、品質はそこそこ、効率的。安く早く提供し、薄利多売で利益を出すモデルです。
当然そのためには、安く仕入れ、早く提供するためのノウハウや資源が必要ですから、基本的に大企業向けの差別化モデルです。

 

そして③の、近所のなじみの寿司屋モデル。

価格、品質とも、銀座の寿司屋よりは落ちるが、回転寿司よりは高い。
大将とは顔なじみで、「毎度、今日は良いアジが入ってるよっ」なんてやりとりができる。
自分の好みを伝えて、メニューに無い物でも出してもらえたりする。人間関係重視のモデルです。

 

さて、私やあなたのような零細事業者は、どの差別化方法を取るべきでしょうか。

 

基本的には③、または①です。②は不可能です。

②の回転寿司モデルは、あくまで効率化、安売りができる大企業向けのモデルですので、
資本力の無い小さな事業者が形だけマネをしても、すぐに破綻します。

 

①の銀座モデルか③のなじみモデルかは、ご自身の好みやスキル、資源によるでしょう。

徹底的に品質を高めて良いものを提供し、高額な対価をいただくか。

人間関係を構築し、お客の希望に柔軟に応えることにより信頼を得ていくか。

 

ただし、なじみの寿司屋モデルを選んだとしても、努力しないで良いわけではありませんよ。

「他と差別化できている」といえるくらい、尖らせなければなりません。徹底的なフォロー体制の構築など、仕組みを作りましょう。

 

以上、差別化の方法にお悩みの方、参考にしてみてください。

 

 

 もっと集客に役立つ情報が欲しい方はこちら

 

業績アップの秘訣をチェックする便利な方法

  • お気に入りブックマーク
  • Twitter
  • RSSリーダー
道場 明彦
道場 明彦
株式会社
あおい総合研究所
代表取締役
保有資格
司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他
経歴
司法書士として4年間で600人以上の借金問題の解決のサポートに携わる。 その後会計事務所スタッフとして、2年間で50社程度の税務、会計、経営相談業務を行う。 売上向上、事業再生コンサルティング会社あおい総合研究所を設立し、代表取締役就任。
趣味
バンド活動
好きな食べ物
蕎麦
ブログ
代表日記

人気の記事

ページ上部へ

Copyright (c) 2018 株式会社あおい総合研究所, All Rights Reserved.